認知症の名医が教える簡単10秒「脳」チェック 元気な脳にUターンできるグレーゾーンとは?

拡大
縮小
物忘れが激しくなってきたことが不安と感じている方に、簡単に認知機能をチェックできる方法をご紹介します(写真:C-geo/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
「えっと、ほら、あの俳優さん……、誰だっけ?」
「簡単な漢字なのに、どうしても思い出せない」
「あれ? また同じものを買ってきちゃった!」
60代、70代のご高齢の方はもちろん、早い人は40代、50代から感じ始める物忘れの不安。自分の脳に「あれ? 最近おかしいぞ」と感じたとき、簡単に認知機能をチェックできる方法があります。認知症治療の第一人者として知られる朝田隆先生の著作『認知症グレーゾーンからUターンした人がやっていること』より、10秒でできる「グレーゾーンチェックテスト」を一部抜粋してお届けいたします。

認知症の前に必ず訪れる「グレーゾーン」とは?

「認知症グレーゾーン」という言葉を知っていますか?

正式な病名はMCI(軽度認知障害)。

日常生活に大きな支障はないものの、本人やご家族にとっては、「最近ちょっとおかしいなあ」と感じるさまざまな警告サインを発する状態です。

正常な脳と認知症の間に位置する、言うなればグレーゾーン。

認知症になる人は、その前段階として、必ずこのグレーゾーンの状態を通ります。

日本の認知症患者は500万人を超え、認知症グレーゾーン(MCI:軽度認知障害)の人も450万人以上とみられています。

しかし、すべての人が、必ずグレーゾーンから認知症に移行するとは限りません。現状を維持する人もいれば、適切な対応をとることで認知機能の低下をゆるやかにし、認知症への移行を遅らせることもできます。

次ページ4人に1人は健常な脳の状態に回復できる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT