触った瞬間にわかる!「iPhone 15」驚きの進化 撮って実感した「失敗写真が生まれないカメラ」

拡大
縮小
iPhone 15 Plus ピンク
iPhone 15 Plus ピンク。エッジのデザイン変更でより握りやすく軽さを演出。カメラ機能は2倍クロップズームを含む大きな進化を遂げている(筆者撮影)

アップルは2023年9月22日から、主力製品であるスマートフォン「iPhone」の新モデル、iPhone 15シリーズを発売する。今回発売されるモデルと価格は以下の通りだ(価格はいずれも、税込)。

これら4つのモデルについて、発売に先駆けてレビューをお届けする。

iPhone 15 (6.1インチ、128GB) 12万4800円
iPhone 15 Plus(6.7インチ、128GB) 13万9800円
iPhone 15 Pro(6.1インチ、128GB) 15万9800円
iPhone 15 Pro Max(6.7インチ、256GB) 18万9800円
この記事の画像を見る(13枚)

デザイン面やシリーズ構成などに大きな変更はないが、スタンダードモデル・Proモデルの双方で、見た目と持ち心地が大きく異なり、その変化の幅はモデル選択に影響を与えるほどだ。またスタンダードモデルであっても、意外なほどのカメラの進化を実感することができるだろう。

触れると決定的な進化を実感することになるのが、今回のiPhone 15シリーズ。買い換える予定がない人は、店頭などから遠ざかっていたほうがよいかもしれない。

見た目と持ち心地が大きく変化した

それでは、早速、デザインから見ていこう。

iPhone 15シリーズは、サイズ展開として、2022年モデルと同様に6.1インチと6.7インチで統一された。また2020年に登場したiPhone 12のデザイン、すなわち金属のフレームを、上下からガラスで挟む構造が踏襲された。

次ページiPhone 15で毎日実感するデザインの進化
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT