トヨタ新型アル/ヴェル乗って感じた明らかな差 スタイル以上に走りも違う!一押しモデルは?

✎ 1〜 ✎ 107 ✎ 108 ✎ 109 ✎ 最新
拡大
縮小
新型アルファード/ヴェルファイア
今回試乗した新型アルファード/ヴェルファイア(筆者撮影)

トヨタの売れ筋ミニバンである「アルファード」「ヴェルファイア」がモデルチェンジを行い新型となった。アルファード/ヴェルファイアは外観こそ個性を際立たせているが、プラットフォーム(車体の土台)にはじまり多くのパーツを共有する兄弟車である。4代目となるアルファードに対し、車名上のヴェルファイアは3代目を名乗る。

初代アルファードは(アルファードGとして)2002年に誕生。同時期に「アルファードV」を兄弟車としてデビューさせ、販売チャンネルごとに区分けしていた。それを2008年の2代目アルファード登場時に、アルファードVからヴェルファイアへと車名を変更し、デザインやイメージカラーについてもヴェルファイア専用とした。

新型になって際立つ堂々とした佇まい

新型アルファード/ヴェルファイアのリヤビュー
新型アルファード/ヴェルファイアのリヤビュー(筆者撮影)

それにしても新型はボディサイズ以上に立派な印象だ。実際、全長は4995mm、全幅1850mm、全高1935mm(アルファードで19インチタイヤを装着した場合は1945mm。一方のヴェルファイアは1945mmで、17インチタイヤを装着した場合は1935mm)とかなり大きい。

しかし、全幅は従来型と同じく1850mmにとどめ、大方の立体駐車場では入庫制約を受けずに済むし、最小回転半径も5.9m(従来型はタイヤサイズが小さく5.6~5.8m)に抑えている。狭い場所では床下透過表示機能がついたパノラミックビューモニターが重宝した。解像度も高く、目視での安全確認との組み合わせで利便性が大きく向上する。

次ページNAやターボ、ハイブリッドなど、各モデルに試乗
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT