東日本大震災であらわ、自動車メーカーが直面したサプライチェーンのわな


 しかしトヨタですら、オンラインで結ばれ、実態を正確に把握しているのは、せいぜい2次サプライヤーまで。それより先になると被災状況の把握すら難しい。さらにここ10年程度、リスク分散のため複数購買を推進してきたが、「2次、3次サプライヤーの段階では、素材や部品を同じところから仕入れているケースのあることがわかった」(佐々木副社長)。今回は特に塗料やゴム、化学薬品などの素材の調達が難しくなっており、その分だけ、影響を受けた部品点数が膨らんだ。

現在でも調達のボトルネックとなっているのが電子部品だ。自動車制御用マイコンで世界シェア約4割を占めるルネサスエレクトロニクス。その那珂工場(茨城県ひたちなか市)は、自動車メーカーなどから2500人規模の支援を受け、復旧を急ぐ。6月1日には生産を再開できる見通しだが、製品供給が本格化するのは8~9月ごろとみられ、依然として綱渡りの状況が続く。

今回ルネサスへ派遣されたトヨタの社員は「自分たちができたのは土木工事や物資運搬の手伝いぐらい。クリーンルームにはいっさい手をつけられなかった」と振り返る。車の電子化が進み、現状では1台当たり30~100個のマイコンが使われる。それでもその製造プロセスは、自動車メーカーにとってブラックボックス。JPモルガン証券の高橋耕平アナリストは「内製化を進めるかどうかも含めて、電子部品の調達は今後の大きな課題になる」と指摘する。

ラインを動かしてみないとわからない

通常1~6カ月単位の生産計画で動く自動車業界だが、現在部品メーカーに内示する生産計画は1週間単位で変わっている。11~12月に正常化といっても、今後どのような角度で生産量が上がっていくか、自動車メーカーですら把握できていない。

ある2次サプライヤーは4月上旬、購買と生産技術の担当者総出で取引先を訪問した。対象は取引先約190社のうち30~40社。担当者たちは一社一社、工場のラインを確認し、安定供給が可能かを確かめる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。