極寒の「北海道」と「コタツ」の意外すぎる関係

コタツ保有率は47都道府県で何位か?

(写真:sasakura_yoshimichi/PIXTA)
世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これをもとにしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような“世にも不思議なランキング”がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(5月25日放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。

 

5月に入り、肌寒い日はほとんどなく逆に暑くなってきたが、「実はこの冬に出したコタツをまだ片付けていない」という家もあるかもしれない。

日本一寒い北海道にコタツがない?

観測史上日本でいちばんの寒さは、1902年1月25日に北海道の旭川地方気象台で観測された-41.0℃第2位は1902年1月26日に北海道・帯広の-38.2℃第3位北海道・江丹別の-38.1℃だ。最北に位置する北海道は、統計的に見ても明らかに日本で最も寒い。このデータを聞いて、びっくりする人はいないだろう。ところがそんな北海道には暖房器具で「定番中の定番」というイメージのある、コタツにまつわる驚きのデータがある。

■都道府県別・一般家庭におけるコタツの所有率ランキング
45位 東京都
46位 沖縄県
47位 北海道
出典:ウェザーニューズ、2013年11月27日調査

 

日本一寒い北海道の家庭が、常夏の沖縄よりもどこよりも暑いイメージがある大都会・東京よりもコタツを持っていないのだ。いったいなんで?

取材班はその謎に迫るため、さっそく北海道へ飛んだ。

次ページ外から車のエンジンがかけられる!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT