クルージングは、もはや"手の届く趣味"だ!

「レンタル」「シェアリング」で手軽に楽しめる

「クルージング」。数ある大人の趣味の中でも、とびきりエクスペンシブな印象のある遊びである。

もちろん船体は高価、保管料等の維持費もかかるとなれば、最初から趣味選びの候補にすらあげない人も多いだろう。

しかしここに来て、気軽に、そしてお手頃な価格でボートを使ったマリンレジャーを楽しむ人が増えているという。今回はその理由と魅力について紹介しよう。

「レンタル」や「シェアリング」のシステム

当記事はIGNITE(運営:ターゲッティング)の提供記事です

クルマやリゾートマンションではシェアリングのシステムが市民権を得て久しいが、実は趣味のボートにも「乗りたい時だけ乗る」、そんなシステムが存在するのだ。

今回取材したのは、ヤマハ発動機が主催する「YAMAHA Marine Club SEA-STYLE(ヤマハマリンクラブ・シースタイル)」というクラブ。詳しくは後述するが、燃料代含めて1万5000円前後(5名乗船なら1人約3000円)という価格でボートを楽しめるというから驚きだ。

シースタイルは、会員となれば各地の提携マリーナでボートをレンタルできるシステムとなっている。提携マリーナは全国140箇所以上(海外へも進出中)、クルージング向け、フィッシング向け、ウェイクボード向けなど、マリーナによって様々なタイプのクラブ艇が用意されている。

次ページ船舶免許は3日で取得できる!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT