クルージングは、もはや"手の届く趣味"だ!

「レンタル」「シェアリング」で手軽に楽しめる

「クルージング」。数ある大人の趣味の中でも、とびきりエクスペンシブな印象のある遊びである。

もちろん船体は高価、保管料等の維持費もかかるとなれば、最初から趣味選びの候補にすらあげない人も多いだろう。

しかしここに来て、気軽に、そしてお手頃な価格でボートを使ったマリンレジャーを楽しむ人が増えているという。今回はその理由と魅力について紹介しよう。

「レンタル」や「シェアリング」のシステム

当記事はIGNITE(運営:ターゲッティング)の提供記事です

クルマやリゾートマンションではシェアリングのシステムが市民権を得て久しいが、実は趣味のボートにも「乗りたい時だけ乗る」、そんなシステムが存在するのだ。

今回取材したのは、ヤマハ発動機が主催する「YAMAHA Marine Club SEA-STYLE(ヤマハマリンクラブ・シースタイル)」というクラブ。詳しくは後述するが、燃料代含めて1万5000円前後(5名乗船なら1人約3000円)という価格でボートを楽しめるというから驚きだ。

シースタイルは、会員となれば各地の提携マリーナでボートをレンタルできるシステムとなっている。提携マリーナは全国140箇所以上(海外へも進出中)、クルージング向け、フィッシング向け、ウェイクボード向けなど、マリーナによって様々なタイプのクラブ艇が用意されている。

次ページ船舶免許は3日で取得できる!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。