クルージングは、もはや"手の届く趣味"だ!

「レンタル」「シェアリング」で手軽に楽しめる

免許が取れたなら、いざ海へ! シースタイルを楽しむためにかかる費用は、入会金が2万1600円、月会費が3240円。あとは当日のレンタルフィーと燃料代なのだが、この「当日かかる費用」のお値頃ぶりに門外漢である筆者は驚かされた。

3時間のレンタルフィーはクルージング用で7200円〜、フィッシング用で4100円〜。もちろん船の大きさ、曜日、シーズン、などで変動するものの、まったくもってリーズナブルなのである。

たとえば友人5名でクルージング向けボートBelfino(ベルフィーノ)をレンタルして海に出る休日はどうだろう。ハイシーズンの週末でも、燃料代含め約1万5000円。1人あたま3000円程度で思いっきり遊べるそうだ。

水上オートバイなら「Sea-Style JET」

ボートとはまた一味違った楽しみ方ができるのが、水上オートバイ・水上バイクの呼び名でお馴染みの「マリンジェット」だ。免許も違い「特殊小型船舶操縦士免許」が必要となる。このマリンジェットにも、気軽なレンタルシステムが用意されている。

「ヤマハマリンクラブ・シースタイルジェット」は全国19箇所のマリーナに、マリンジェットとスポーツボートが用意されているクラブだ。月会費は1620円、利用料金は1万1300円〜と、こちらもリーズナブルな価格設定となっている。

今回の取材では、スーパーセレブの趣味と思っていたボートが、いまや大変身近になっていることに心から驚かされた。ファミリーでちょっとドライブに行く感覚でクルージング。恋人と2人きりの海上デート。友人達と思いっきり騒ぐ釣り大会。思い切って一歩踏み出せば、人生を通して楽しめる遊びの入り口が広がっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。