風邪薬は「2つ目」に出る症状で選びなさい!

薬剤師が教える、意外と怖い「薬」の話

一方で、治ったからいいやと思ってやめてしまうことで、危険になる薬もあります。それは抗生物質です。

抗生物質は、風邪を引いたときなどにも、病院でよく出されますが、「もう治ったからいいや」と途中で飲むのをやめている方が多いようです。
  
 抗生物質は出された日数使えば、菌がなくなるということを想定して出している薬です。つまり、まだ菌がいるうちに飲むのをやめると、その菌が残ったままになってしまう、ということです。これでは、一時的に症状は治まるかもしれませんが、その後、異常繁殖するおそれもあります。

耐性菌はややこしい

しかも、その抗生物質への耐性がついていますから、その抗生物質どころか、その抗生物質と同じグループの薬も使えなくなるので、使える薬が約3分の1なくなるのです。

抗生物質で恐いのは、耐性菌です。

細菌も人間も環境変化に対応して変わっていきますが、細菌は私たちの想像を超えるスピードで変わります。

人間は60兆個の細胞からできていますが、細菌は1個の細胞からできています。60兆個の細胞に比べ、1個の細胞が変わるのは早いのです。

抗菌薬にさらされた環境では、多くの細菌は死にますが、一部生き残りが出てきてしまいます。生き残りを調べてみると、薬が効かない菌であることがあります。

一つ代表的な例をあげましょう。マイコプラズマ感染症です。

マイコプラズマという細菌に感染することで起こるものですが、初期症状は風邪と似ています。発熱、全身倦怠感、頭痛です。3~5日経過すると、熱が下がってくるのですが、咳が始まります。この咳は3~4週間続きます。初期症状が風邪と似ているため、市販の風邪薬を飲む人も多いかと思います。しかし、咳が続くようになり、まだ風邪が治っていないと勘違いしてしまうことがあるのです。

次ページ指示されたとおりに飲もう!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。