風邪薬は「2つ目」に出る症状で選びなさい!

薬剤師が教える、意外と怖い「薬」の話

なお、メインの症状を5日ほど過ごすと、ほぼ治るのですが、まれに違う症状が出ることがあります。せきが出る人もいれば、鼻水が続く人もいます。これはもはや風邪ではありません。

具体的には、次のようなケースが疑われます。

① 風邪の症状で体力が落ちているときに、かかってしまった細菌感染
② 体力が落ちているときに、現れてしまったアレルギー性鼻炎
③ どんどん気道の奥まで進んでいって気管支炎
④ 薬の副作用

ちなみに、私は、細菌感染と気管支炎の両方が3番目に現れます。ここまできたらおとなしく病院を受診します。

「傷寒論」が教える、薬の選び方

『その薬があなたを殺す!』(SBクリエイティブ)

「傷寒論」という漢方の本によると、病気は刻々と変わっていくので、それに合わせた薬を使うということが書かれています。

傷寒というのは急性で熱のある病気という意味で、今で言う風邪やインフルエンザ、腸チフス、マラリア感染症などをすべてひっくるめたものです。

この考え方により、漢方では、同じ風邪でも初期段階とそうでない場合では異なる処方(治療法)が用意されています。

たとえば、風邪の初期段階では寒気や関節痛、頭痛の症状が出ます。病気が表にあると考えて、汗で発散させようとします。これが有名な葛根湯です。

しかし、初期段階を過ぎた途中段階では、熱が持続します。悪寒がして、手足が冷たくなり食欲もなくなります。最終段階では意識もうろうとしてきます。

当然、それぞれの段階で使うべき薬が違います。初期段階で葛根湯を使うのはいいのですが、熱が持続し始めたときに葛根湯を使うのは効果がありません。小柴胡湯(しょうさいことう)や桂枝湯(けいしとう)を使いましょう。

薬も、刻々と変わる症状に合わせて選ぶことが必要になるのです。

次ページ耐性菌をしっかり理解していますか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。