風邪薬は「2つ目」に出る症状で選びなさい!

薬剤師が教える、意外と怖い「薬」の話

(写真:Mochio / PIXTA)
 医者に行く時間なんてなかなか取れない、体調が悪くなったらとりあえず薬局で買った市販薬を飲む、という社会人は多いはず。しかし、そのときの薬の飲み方が間違っている人が多い!と薬剤師の小谷寿美子氏は指摘します。
 今回は風邪薬にまつわる誤解について取り上げます。
※前回記事:風邪薬と栄養ドリンクの「同時飲み」は危険!

風邪をこじらせる、ということはよくありますが、薬剤師から見ていると、処置のまずさですぐ治るものが治らなかったり、別の症状の原因になったり、ということもあるように思います。

風邪は身近な病気だけに、軽く考えがちですが、意外と根深いものがあるのです。

前回記事に続き、薬剤師から見た薬の正しい選び方などについて、ご紹介したいと思います。

2番目に現れる症状に合わせよう

風邪薬はいろいろな症状に効くように、さまざまな成分を組み合わせています。一言で「風邪薬」といっても、得意分野、不得意分野というものがあります。

では、何を飲めばいいか。

1番目と2番目に現れる症状によって、薬を使い分けるとよいでしょう。

風邪は、あなたの弱い部分から症状が出てきます。私はのどですが、あなたは鼻かもしれません。どちらにせよ、このとき、まだ風邪ウイルスは表面にいます。そこにいる間に体は鼻水を流し、のどをはらして闘っているのです。

そして、その症状は次第に変わっていきます。のど→熱かもしれませんし、のど→鼻かもしれません。鼻→のどかもしれませんし、鼻→熱かもしれません。

実は「2番目に起こる症状」が、あなたの風邪でのメインの症状ということになります。ちなみに私はのど→鼻と進みます。のど痛は経過が早いので薬を使わず、鼻水に移行したら、鼻水の薬を使っています。

初めにのどが痛くて、それに高い効果のある薬を使ったとしても、のど痛が治ればもはやいらない薬。次の症状に合わせた薬を使ったほうがいいのです。

次ページ最初は「葛根湯」で正解だが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT