風邪薬は「2つ目」に出る症状で選びなさい!

薬剤師が教える、意外と怖い「薬」の話

(写真:Mochio / PIXTA)
 医者に行く時間なんてなかなか取れない、体調が悪くなったらとりあえず薬局で買った市販薬を飲む、という社会人は多いはず。しかし、そのときの薬の飲み方が間違っている人が多い!と薬剤師の小谷寿美子氏は指摘します。
 今回は風邪薬にまつわる誤解について取り上げます。
※前回記事:風邪薬と栄養ドリンクの「同時飲み」は危険!

風邪をこじらせる、ということはよくありますが、薬剤師から見ていると、処置のまずさですぐ治るものが治らなかったり、別の症状の原因になったり、ということもあるように思います。

風邪は身近な病気だけに、軽く考えがちですが、意外と根深いものがあるのです。

前回記事に続き、薬剤師から見た薬の正しい選び方などについて、ご紹介したいと思います。

2番目に現れる症状に合わせよう

風邪薬はいろいろな症状に効くように、さまざまな成分を組み合わせています。一言で「風邪薬」といっても、得意分野、不得意分野というものがあります。

では、何を飲めばいいか。

1番目と2番目に現れる症状によって、薬を使い分けるとよいでしょう。

風邪は、あなたの弱い部分から症状が出てきます。私はのどですが、あなたは鼻かもしれません。どちらにせよ、このとき、まだ風邪ウイルスは表面にいます。そこにいる間に体は鼻水を流し、のどをはらして闘っているのです。

そして、その症状は次第に変わっていきます。のど→熱かもしれませんし、のど→鼻かもしれません。鼻→のどかもしれませんし、鼻→熱かもしれません。

実は「2番目に起こる症状」が、あなたの風邪でのメインの症状ということになります。ちなみに私はのど→鼻と進みます。のど痛は経過が早いので薬を使わず、鼻水に移行したら、鼻水の薬を使っています。

初めにのどが痛くて、それに高い効果のある薬を使ったとしても、のど痛が治ればもはやいらない薬。次の症状に合わせた薬を使ったほうがいいのです。

次ページ最初は「葛根湯」で正解だが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT