ドンキ、白亜の新店舗が占う"次なる成長"

"セレブの街"白金台に初の高級業態を出店

あいにくの天候にもかかわらず、オープン初日は大勢の買い物客でにぎわっていた

都内有数の高級住宅地、港区白金台。通称「プラチナ通り」と目黒通りが交差する一角に、白亜の商業施設が現れた。実はこの店、あのドン・キホーテが初の高級業態として5月29日にオープンした「プラチナ ドン・キホーテ白金台店」だ。

名前にかけて、外観と内装は白とゴールドを基調にした雰囲気に統一。三重県にある松阪肉専門店の「朝日屋」がテナントショップとして初出店し高級肉を販売するなど、従来よりも価格が高めの商品を多くそろえた。

都心の駅近くということもあり、1000平方メートル未満と売り場面積が狭いため、食品と日用品など購入頻度の高い商品が9割以上を占め、地元の買い物需要に応える方針だ。もともと食品スーパーの東急ストアがあった場所で、立地はよく、24時間営業する。オープン初日に訪れると、雨が降る中でも大勢の買い物客でにぎわっていた。

好業績でも成長の種をまく

ドンキはこれまでロードサイドの大型店で店舗網を拡大してきたが、新たな成長ステージに移るため、今後は都市部の商業ビルへの出店も視野に入れているとみられる。

目下のドンキの業績は絶好調そのものだ。親会社のドンキホーテホールディングスが5月7日に発表した今第3四半期(2014年7月~2015年3月)の連結業績は、売上高が前年同期比10.4%増の5099億円、営業利益が同16.4%増の336億円と、2ケタ成長を記録。従来の顧客層に加え、新たにファミリー層や訪日外国人からも高い支持を受け、客数、客単価ともに前年同期を上回る好調ぶりだった。

次ページ好調維持のカギはどこに?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT