風邪薬は「2つ目」に出る症状で選びなさい!

薬剤師が教える、意外と怖い「薬」の話

マイコプラズマの治療は抗生物質です。マイコプラズマという細菌は多くの細菌と違って細胞壁という構造を持っていないのが特徴です。細胞壁というのは植物の細胞を想像するとわかりやすいのですが、細胞膜の外側に固い壁をもう1枚はりめぐらしたものです。バリアの役割があります。動物にはない構造なので、ここを壊す薬を使えば細胞は破壊されます。ペニシリン系やセフェム系の抗生物質はこの細胞壁をめがけて攻撃します。

しかし、マイコプラズマは細胞壁がないのでこの抗生物質が使えないのです。そこで、クラリスロマイシンに代表されるマクロライド系抗生物質を使うことが推奨されています。

抗生物質はきっちり飲もう

マクロライド系抗生物質が攻撃する場所は細菌のたんぱく質です。マクロライド系抗生物質は耐性菌の問題があります。東京都感染症情報センターの報告によると、2011年4月から2012年4月の間にセンターに搬送されたマイコプラズマ患者のうち82%がマクロライド系抗生物質の耐性菌であったという報告があります(「都内における肺炎マイコプラズマのマクロライド耐性化状況 2011~2012年」)。

耐性菌を作らないために抗生物質は出された日数を飲んで、完全に細菌を殺しておくことが必要なのです。

マイコプラズマ感染症以外でも同じことが言えます。抗生物質は、出された日数を使ったら細菌がいなくなることを想定して出しています。ぼうこう炎なども、抗生物質を飲むと見事に症状がなくなるのですが、実際はまだ原因となる細菌は全滅していません。症状がなくなると治ったと思ってしまいますが、ここで薬をやめて生き残りを作ってしまったら、この薬に対して耐性を獲得してしまうのです。

抗生物質ではないですが、インフルエンザのタミフルだって、途中でやめたら症状がぶり返すこともあります。しかも、菌が体中にいるまま、「治った」と思って外を歩いているわけですから、インフルエンザウイルスをまき散らしているのと同じです。

病院でもらった薬は、「治ったらやめていいです」と言われないかぎり、指示されたとおりに飲んだほうがよいと思います。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。