トップ出世から「2度の適応障害」49歳男性の岐路 従わない年上部下、多忙な職場で「ぶっ壊れた」

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
団塊ジュニア世代の自他ともに認めるエリートが、出世とともに経験した「2度の限界」とはーー(写真:mits/PIXTA)
1971~1974年に生まれ、現在、働き盛り真っただ中の49~52歳の「団塊ジュニア世代」。その数800万人、現役世代の中で人口ボリュームとして突出した層が今、大きな「岐路」に立たされています。
そのリアルに迫るこの連載。2回目の今回は、有名私大を卒業後に就職した会社で出世街道を突っ走るものの「2度、ぶっ壊れた」という49歳男性の人生を追います。

すべてが順調だった。倍率数十倍、慶應の付属中に合格し、そのままストレートで大学を卒業した。周囲の友人は金融や商社に目が向く中、「ノルマを達成すれば給料が上がる成果主義に憧れて」、大手自動車メーカーの販売会社にトップ内定で就職した。

トップ内定で就職、メーカー本社に出向、34歳で課長に

団塊ジュニア世代で最も人数が多い、1973年生まれの澤村昭吾(49歳、仮名)。110人を超える営業職の大卒同期の中でも、自他ともに認めるエリート、幹部候補生として行く末を嘱望されてきた。配属された営業所長から、時には顧客名簿の片っ端から200件電話するまで帰宅しないよう命じられたこともあった。

団塊ジュニア連載、2回目です

電話ローラー作戦に気乗りがせず、やりたくないと思ったことは何度もあった。ただ、会社を辞めようと思ったことはなかった。「みんなやってるんだから、しょうがない」。就職して数年で転職する若手社員が目立つ現在とは、時代背景が異なっていた。定年まで働くつもりで入社するのは、ごく普通で自然だった。

入社6年目の28歳で、これまで例がなかったメーカー本社に出向。2年間の出向中は、本社仕込みの経営イロハを学び、帝王学を吸収した。

出向から戻って数年後、会社史上最年少となる34歳で課長に就任。「超特急コースに乗ったノリで、いっちょ暴れ回ってやるか」と息巻いていた。部下は全員が年上だったが、いっさい気にならなかった。課長を1つの踏み台として、出世階段を爆速で駆け上がるはずだった。今の俺なら、何でもできると思っていた。夢の将来が訪れることを確信していた。

しかし、思わぬ落とし穴が待ち受けていた。

「激しくぶっ壊れました。それも、一度じゃなく二度。心が完全にパンクしました」

澤村は、当時の状況を努めて冷静に振り返る。心の病である適応障害に2回見舞われ、長期の休養を余儀なくされた。50歳を目前にした今、再び管理職に返り咲いたものの、2回の不調は想定外の経験となった。

次ページ当時の日本社会では珍しかった「年下上司・年上部下」の環境
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT