「30歳から3浪東大」専門卒の彼を動かした出会い 1日3時間の勉強を3年間続けた彼の驚く勉強法

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 最新
拡大
縮小
30歳から3浪で東大に合格した青戸さんに話をうかがいました(写真: mits /PIXTA)
浪人という選択を取る人が20年前と比べて2分の1になっている現在。「浪人してでも、志望する大学に行きたい」という人が減っている一方で、浪人生活を経験したことで、人生が変わった人もいます。自身も9年の浪人生活を経て早稲田大学に合格した濱井正吾さんが、さまざまな浪人経験者にインタビューをし、その道を選んでよかったこと・頑張れた理由などを追求していきます。今回は世帯年収200万円の母子家庭で育ち、高校卒業後専門学校に進学。卒業後に海外での生活や個別指導塾の勤務を経て、30歳で東大受験を決断し、1日3時間程度の勉強を続け、3浪で合格した青戸さんにお話を伺いました。

みなさんは、大人になってから新しいことに挑戦したことはありますか。

歳を重ねるごとに新しいことをはじめるのが億劫になってくると思います。しかし、今回インタビューした青戸さんは30歳で人生初の大学受験を決断し、3浪の末に東京大学に合格したという驚きの経歴の持ち主でした。

海外生活や引きこもりを経験

この連載の一覧はこちら

青戸さんは専門学校を卒業後、好きだったメジャーリーグの球団職員になるために海外に渡ったものの、願い叶わずに帰国。そのあとすぐ病気になり引きこもりを経験。30歳まで、社会の厳しさ、辛さを味わってきました。

そんな彼は、33歳で東大に合格します。それも、1日わずか3時間の勉強を3年間続けての結果でした

どうして、30歳になって受験勉強をしようと思ったのでしょうか。少ない勉強時間で東大合格を実現できたのは何故なのでしょうか。

青戸さんは1983年、鳥取県の農村部に、設計士の父親と専業主婦の母親のもとに生まれました。

進学熱が激しい地域ではなく、家族も教育熱心ではなかったようですが、青戸さん自身は成績がよく、公立の小学校・中学校では基本的に上位10%には入る成績だったそうです。

次ページ進学校に進学するも…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT