中国「子どもの人口減少」の背後で進む構造変化 農村の留守児童減り、都市に移住する子が増加

✎ 1〜 ✎ 1259 ✎ 1260 ✎ 1261 ✎ 最新
拡大
縮小
中国では子どもの総数に占める流動児童と留守児童の比率が5割に迫っている(写真はイメージ)

中国では子どもの人口が減少する一方で、(地域をまたいだ)人口流動化の影響を受ける子どもたちの数が増えている。都市部で暮らす子どもの3人に1人が「流動児童」(両親の出稼ぎに伴って出生地を離れた子ども)に、農村部で暮らす子どもの10人に4人が「留守児童」(出稼ぎに行った両親と離れて出生地で暮らす子ども)になっているのだ。

この実態は、中国国家統計局が国連児童基金(UNICEF)、国連人口基金(UNFPA)と共同で発表した最新レポートのなかで明らかにされた。

このレポートは2020年までの国勢調査のデータと人口サンプル調査を基に、中国の子どもの人口を取り巻く状況を詳しく分析している。それによれば、2020年時点の0歳から17歳までの人口は2億9800万人と、20年前(の2000年時点)に比べて4700万人減少した。

成長の過程で困難に直面

ところが、同じく2020年時点の流動児童は7109万人、留守児童は6693万人に上り、両者の合計(約1億3800万人)は20年前より8800万人増加。子どもの総数に占める流動児童と留守児童の比率は46.4%に達した。

注目すべきなのは、流動児童と留守児童の割合に明らかな構造変化が見られることだ。10年前の2010年時点では留守児童の数が流動児童を大きく上回っていたが、2020年にはそれが逆転し、流動児童のほうが多くなった。このことは、両親と一緒に都市部に移り住む子どもや、出稼ぎや進学のために1人で都市部に出る子どもが増えていることを示唆する。

本記事は「財新」の提供記事です

「人口流動化の影響を受ける子どもたちは、成長の過程で多くの困難に直面する。家族や地域社会とのつながりが薄まり、生活や学習面でのサポートも不足しがちで、心身の健全な成長が妨げられかねない。こうした子どもたちへの社会的・政策的な関心を高め、困難の克服を支援すべきだ」。上述のレポートはそう呼びかけている。

(財新記者:黄蕙昭)
※原文の配信は5月5日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT