バリスタがもてなす「マックカフェ」別業態の正体 マクドナルド「本気カフェ宣言」で国内249店に

拡大
縮小
東京都練馬区にある「マクドナルド 練馬田柄店」(写真:日本マクドナルド)

東京都内を走る都営地下鉄・大江戸線に乗り、練馬春日町駅で下車。幹線道路沿いを7~8分歩くと建物が見えてくる。「マクドナルド 練馬田柄店」だ。

建物を貫く、見慣れた“M”のロゴ(ゴールデンアーチ)の下には「McCafé by Barista」(マックカフェ バイ バリスタ)のロゴもある。この店は通常のマクドナルド(チェーン展開は日本マクドナルド社)店舗内に、カフェの専用カウンターを併設した店舗だ。

店がある東京都練馬区は、人口約74万人と政令指定都市並みの規模。ドライブスルーもあるのでクルマで来店するお客も多い。

もともとマクドナルドのカフェブランドとして展開してきた「マックカフェ」だが、近年は店舗業態の「マックカフェ バイ バリスタ」にも力を注ぐ。今回はその横顔を紹介しながら、同社の顧客戦略も考えたい。

北海道から沖縄まで44都道府県に展開

「『マックカフェ バイ バリスタ』は北海道から沖縄県まで、国内44都道府県に展開し、店舗数は249店あります。すべてマクドナルド店内に併設しています」

マックカフェのマーケティングを担当する亀井理華さん(マーケティング本部 ナショナルマーケティング部 部長)はこう説明する。未踏の県は、山梨、長野、奈良の3県で、ほぼ全国展開を果たした。コロナ禍で外食環境が厳しい時期にも店舗拡大し、「105店」(2019年12月末)→「249店」(2023年4月末)と、コロナ前より2.4倍となった。

「ブランド名のとおり、専任のトレーニングを受けたバリスタが、お客さまから注文を受けたドリンクを1杯ずつ手で淹れるカフェです。スイーツ類も豊富に揃えています」(亀井さん)

繰り返しになるが、一般的なマクドナルドでも「マックカフェ」を展開している。両者の違いを一覧表にまとめてみた。

(※外部配信先では図表などの画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

次ページカジュアルさは変わらず
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT