刷新進むエステー、創業者の娘が変えた空気の正体 10年前、社長になった鈴木貴子氏が覚えた違和感

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小
エステーの鈴木貴子社長
白いスーツを愛用するエステーの鈴木貴子社長(撮影:梅谷秀司)
企業を取り巻く環境が激変する中、経営の大きなよりどころとなるのが、その企業の個性や独自性といった、いわゆる「らしさ」です。ただ、その企業の「らしさ」は感覚的に養われていることが多く、実は社員でも言葉にして説明するのが難しいケースがあります。
いったい「らしさ」とは何なのか、それをどうやって担保しているのか。ブランドビジネスに精通するジャーナリストの川島蓉子さんが迫る連載の第10回は日用品メーカーのエステーに迫ります。
著者フォローをすると、川島さんの新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

80年近い歴史を持つエステー

エステーは1946年創業の企業で、80年近い歴史を持っている。消臭芳香剤の「消臭力」、防虫剤の「ムシューダ」をはじめ、家庭で使う日用品の領域でおなじみの製品を扱っている。

社長を務めるのは鈴木貴子さん。創業家の娘として生まれ育ち、LVJ(ルイ・ヴィトン・ジャパン)グループなどを経て、2010年にエステーに入社。2013年に社長に就任し、低下傾向にあった利益をV字回復させた。

新型コロナウイルス関連の需要が一服した影響などもあり、直近2022年3月期の当期純利益は11億円にとどまったが、その前の2021年3月期は過去最高の25億円を記録している。

以前にお会いしたとき、真っ白なスーツをエレガントにまとっている姿が印象に残った。背筋が伸びた姿勢とやわらかい物腰、社員と交わす会話がフラットなのを魅力と感じた。こういうリーダーの下、日用品メーカーの老舗として、どんな“らしさ”を築こうとしているのか、聞きに行った。

鈴木さんは「ワードローブは白いスーツ」と決めていると言う。

次ページなぜ「白いスーツ」なのか?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT