東大総長賞の4人はなぜ「突き抜けた」か?

昨年度の受賞者の素顔

片手でアクロバティックな回転技を披露する藤本さん。久々だったが、注文に応じて笑顔もばっちり決めた(撮影/写真部・植田真紗美)

■藤本征史さん(24)――大学院理学系研究科修士課程2年

「限界を認めて強みを発見 奪った世界一」

「国際的に通用する創造力」を認められて総長賞を受賞したのは、藤本征史さん。

フィールドは、2本の縄を使った縄跳びのチーム競技・ダブルダッチだ。昨年3月に東京で開かれた世界大会で、藤本さんがリーダーを務めた東大生男女6人のチーム「アゲサゲ」が、パフォーマンス部門で優勝した。プロチームを含む国内外の強豪を抑え、学生チームとしては初の快挙だ。

「ヘンなもの」で勝負

世界が認めた独創性は、自分たちの実力や欠点までを冷徹に見つめることから生まれた。

「僕たちはそれほどうまいわけじゃない。一流チームはライバルの過去の動画も研究して、すごい技を考えてくる。だったら『ヘンなものをつくって、2本の縄で最大限遊ぶぞ!』と。めっちゃ高いか、めっちゃ低い点を取る、とがったパフォーマンスを世界に見せたかった」

バック転や宙返りといったアクロバティックな動きも織り交ぜ、技術や独創性を競うパフォーマンス部門でのスキマを狙う作戦に出た。

重視したのはストーリー性。学生服に紅白帽をかぶった少年少女が体育祭で綱引きや騎馬戦、二人三脚で競う様をユーモラスに表現。すると突然、舞台は2020年の東京オリンピックに移る。紅白帽の少年少女は成長して選手となり、苦闘を経てついに金メダルを取る感動的なラスト。ほかのチームが、プロダンサー顔負けの激しい動きや体操選手ばりの大技を駆使した技術重視の演技を披露するなか、アゲサゲは採点項目のひとつ「独創力」で大会史上最も高い得点を記録。ひときわ大きな歓声と拍手を浴びた。

そもそも、まだ競技人数も少ないダブルダッチになぜ取り組んだのか。

高校時代バドミントンに打ち込んだ藤本さんは当初、部活の王道ともいえるアメリカンフットボール部やテニスサークルにも関心があった。しかし、最終的にダブルダッチサークル「D―act」に入部を決めたのは、「『本気のサークル』だったから」だ。

次ページないないづくしの逆境を逆手に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。