東日本大震災の想像を絶する避難所生活、劣悪な環境で感染症蔓延も

東日本大震災の想像を絶する避難所生活、劣悪な環境で感染症蔓延も

死者・行方不明者が2万7000人超に達した東日本大震災。被災した地方自治体の中でも、最も被害が大きかった自治体の一つが宮城県石巻市だ。

石巻市内の死者は2283人、行方不明者は2643人。避難所で暮らす人は2万2745人に達している(3月29日時点)。人口約16万人のうち、実に15%近くが、今も避難所での生活を強いられている。

石巻市内では、旧北上川の河口近くに立地していた石巻市立病院が、津波をかぶって診療不能に(下写真)。市内に75あった診療所のうち、28カ所が津波で流された。

 

 

そうした中で、市郊外の高台にあったため、被害の少なかったのが石巻赤十字病院だった。全国各地から訪れた医療スタッフがそこを拠点に診療に従事。市内各地の避難所にも出向き、診療に当たっている。

が、震災発生からすでに3週間近く経過しているにもかかわらず、被災者の生活環境や衛生状態は一向に改善していない。

石巻赤十字病院の石井正・第一外科部長(宮城県災害対策コーディネーター、右写真)は、「このまま劣悪な衛生状態が続いた場合、感染症などで多くの被災者が命を落とすおそれがある」と警告する。

石井部長によれば、「当院では、救急外来の患者数が地震から時間が経過したにもかかわらず、一向に減らない。本来の高次救急やがん患者への医療提供もままならずに、野戦病院化したままになっている」という。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT