太宰治「走れメロス」の滅茶苦茶だけど天才な逸話 実際の行動はメロスと真逆、でも愛されたワケ

✎ 1〜 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 27 ✎ 最新
拡大
縮小
太宰治
太宰治(右)はどんな人物だったのでしょうか(写真:内蔵助/PIXTA)
学校の授業では教えてもらえない名著の面白さに迫る連載『明日の仕事に役立つ 教養としての「名著」』(毎週木曜日配信)の第26回は、文豪・太宰治と師匠である井伏鱒二の驚く関係、「走れメロス」に隠された逸話を解説します。
この連載は毎週更新です。著者フォローをすると、新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。
この連載の記事一覧はこちら

井伏鱒二に「会ってくれないと死ぬ」と手紙

川端康成、山岸外史といった数々の文豪と太宰治のエピソードを連載してきた本連載。今回は、太宰が「あなたが会ってくれないと死ぬ」という手紙を送りつけた文豪のことを紹介しよう。

太宰が心酔し、東京大学進学時になんとかして会いたいと泣き落とした相手――それは小説家の井伏鱒二であった。

井伏鱒二は『山椒魚』『黒い雨』などで知られる文豪だが、翻訳家としても一流。“サヨナラダケガ人生ダ”という訳を唐の漢詩(于武陵の「勧酒」)に当てるなど、数々の名訳を生み出した。そんな井伏鱒二の言語センスに惚れこんだのが、まだ大学生だった太宰治だった。

太宰は「どうにかしてこの人のもとに弟子入りしたい!」と思ったのだろう、井伏鱒二に手紙を書きつける。井伏はこのときのことを以下のように回想する。

次ページどんな回想だったのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT