太宰治、予想以上に多い「盗作疑惑」の興味深い中身 「生れて、すみません」の言葉も元ネタがある

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 最新
拡大
縮小
斜陽館
青森県五所川原市にある太宰治記念館「斜陽館」(写真:KAZE/PIXTA)
学校の授業では教えてもらえない名著の面白さに迫る連載『明日の仕事に役立つ 教養としての「名著」』(毎週木曜日配信)の第25回は、文豪・太宰治の盗作疑惑に迫ります。
この連載は毎週更新です。著者フォローをすると、新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。
この連載の記事一覧はこちら

「生れて、すみません」にも盗作疑惑

太宰治の名作小説を読んでいると、想像以上に「盗作疑惑」の多いことに驚く。

例えば、有名なフレーズ「生れて、すみません」。太宰の『二十世紀旗手』の副題として掲載されたこの文章は、小説を読んだことがない人ですら、なんとなく知っている方も多いのではないか。

『二十世紀旗手』そのものはかなり難解で支離滅裂な文章も多い小説なので、たくさんの人に読まれる作品ではないかもしれないが、このあまりにもインパクトの大きい副題――「生れて、すみません」によってその寿命を延ばしたともいえる。

だがこのフレーズ。実は盗作疑惑が存在するのである。前回紹介した、太宰の親友・山岸外史は、太宰が亡くなってから彼のことを書いた評伝『人間太宰治』(筑摩書房)にこのときの騒動について詳しく描かれている。

次ページどんな騒動だったのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT