「空腹時間コントロール」が心身の健康を保つ

深夜帰宅の翌日こそ、コンビニを活用しよう

さて、昨日の夕食は何時に食べ終わったか、思い出してみてください。寝る前に何か食べてしまった方は、その時間が最終食事時間になります。そこから、約10時間後に朝食を摂ると体のリズムが整うのですが、逆に朝食を抜いてしまうと、体に朝が来たことを知らせないままでいることにになるので、少しだけでも、何か食べるようにしましょう。

夜型の方は、帰宅後に食事を摂ると朝食までに10時間の空腹時間を確保できないので、出社前にコンビニに寄ってみるようにしましょう。この空腹時間は、長ければ長いほどよく、空腹時にしか分泌されない「グレリン」や「アディポネクチン」というホルモンが体内の様々な機能を修復したり、次の消化作業をスムーズにすることもわかっています。空腹時間が短いと、体内リセットの効果も得にくく、不調を引き起こす要因になっていきます。

たとえば残業で帰宅が遅くなり、夕食を食べ終えたのが23時頃だとしたら、次の日の朝食は9時ごろまで我慢するのがベストです。時間栄養学の観点だけで言うと、夕食から翌朝食まで、10時間以上の空腹時間を保つことが最重要項目。特にいろいろ食べるものの栄養を考えるのが面倒な時には、ピッタリの食事法と言えるでしょう。

時間を守れば何を食べてもいい…わけじゃない!

今週は夜型のビジネスパーソンのために、体内時計をリセットする朝食の選び方をご紹介します。出社前に、コンビニに立ち寄ってみましょう。時間さえ守れば何を食べてもいい?と思いたいところですが、やはり朝食は1日の活動力になるので、適度に糖質とタンパク質を取り入れてみましょう。

〈みわ子流、体内時計をリセットに最適なコンビニ飯!〉
・野菜ジュース・フルーツジュース(なるべく100%のもの)
朝からサラダ!と行きたいところですが、朝礼前にデスクで食べにくいので、100%の野菜や果物のジュースを取り入れましょう。適度に糖質も含まれいるので、緩やかに血糖値を上げて、脳の活性化につながります。
・カットフルーツ
片手で食べやすくカットされたフルーツも適度の糖質吸収に最適です。ビタミンやミネラルが血流をよくし、体内リセットに役立つでしょう。コンビニでは、リンゴ、パイナップルなどの単品やミックスフルーツと、いくつかのバリエーションがあります。
・ゆで卵
体内時計をリセットさせたい各器官は、タンパク質でできています。ゆで卵はアミノ酸スコア100という優秀食材で、体内で合成できない必須アミノ酸も補えます。
・おにぎりは魚の入ったものを
おにぎりの具は魚が入ったものを選んでみましょう。魚油に含まれる不飽和脂肪酸の脂質も血流を良くし、DHAやEPAなど、脳を活性化して集中力を高める効果も期待できます。サーモンや塩サバ、マグロなど押し寿司風のおにぎりや、ネギトロ巻き、シーチキン巻きなどがオススメです。

 

朝からあまりお腹いっぱい食べすぎても、逆に眠気を誘うこともあるので、適度に脳を活性化させ、体内時計もリセットしてくれるメニューを選ぶことが肝要です。ぜひ実践してみてください!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。