日本企業は、なぜ中国で「踊り場」にあるのか

実は、今こそが再成長のチャンスだ

その週の金曜日、沢木と張、張の奥さんの3人が、外灘のフレンチ料理店で食事をする姿があった。3人はその生い立ちや、日中問題、趣味、会社の課題と改革の方向性に至るまで、実にさまざまな話をした。食後のコーヒーが運ばれてきたタイミングで、沢木は張と奥さんを交互に見つめながら切り出した。

「張さん、私の右腕として改革を手伝ってくれないか。この戦いは私ひとりでは無理だ。日中両方の語学とビジネス、そして文化に通じた人材が必要なんです」

張はコーヒーをひと口飲んで、言った。

「実は転職の話がまとまりそうなので、再来月くらいに辞めようと思っていました。ただ、本当は今日という日を待ち望んでいたのかもしれません。沢木さんなら、信頼できる。もう一度、あなたと一緒に改革に取り組みたいと思っています。志半ばで去るのは、中国人としてのメンツにもかかわりますから」。ニヤリと笑う張の目に光るものがあった。(次回に続く)

いいチームを作るためには

赴任してまず取り組むべきは、課題の整理でも改革案の策定でもなく、信頼できる部下や相棒を見つけること。自分の足りないスキルを埋めてくれる改革チームを組成することが何よりも重要だ。この際、肩書や経歴で判断を誤らないようにしたい。お愛想がうまくても「面従腹背」の部下など百害あって一利なし。特に中国語ができない場合、通訳の存在は非常に重要となる。目と耳になって現場の課題を詳細に把握してもらうには、純粋な日本語能力に加えて、相応のビジネス知識が必要となる。

加えて、改革の方向性を現場に伝える際も、微妙なニュアンスの違いで誤解され、ひどいときには労働争議に発展する場合すらあるため、言おうとしていることの文脈理解力も欠かせない。

また、現場に受け入れられるだけの愛嬌やコミュニケーション力も必須である。多くの企業は通訳に大卒新人を充てるケースも多いが、単に日本語力だけで通訳が務まらないことは明らかだ。優秀な通訳には、経営幹部クラスの年棒を払ってもまったく惜しくない。

さらに、いいチームをつくるためには、日本人の側も、中国を受け入れようとする姿勢が重要になる。中国と日本の違いを強調し、つねに文句や批判を言っている日本人は敬遠される。言葉もカルチャーも、リスペクトして受け入れる姿勢がまずは求められる。

次ページマネジメントのコツは中国人も日本人も同じ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2019<br>信頼される会社は?

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。13回目となる今回はNTTドコモが2年連続、3回目のトップに。SDGs(持続可能な開発目標)など社会課題の解決で順位を上げた企業が目立った。