ハッカーは米国の重要インフラを狙っている

<動画>ダム、発電所、港などが攻撃の対象に

こういった攻撃があった場合、企業は公表を控えるのが普通だ。しかし、水面下ではさまざまなハッキングが起きている。コンピュータセキュリティコンサルティング会社、マンディアントのデーブ・ダマト社長は次のように言う。

「問題なのは、クリプトロックとして知られるマルウェアで、これは暗号化された多数のファイルに潜り込んでいます。クリプトロックは、泥棒が個人ユーザーからお金をゆすり取るために使われています。証拠隠滅のためにファイルを消去したりもします。または、昨年多くの銀行が被害にあったサービス妨害の攻撃も行われています」

多くの企業はソニーほどの投資をできない

ハッカーたちは、より洗練されたツールを手にしている

企業側も防御を改善してはきているが、多くの企業は、ソニーほどはコンピュータセキュリティにお金をつぎこめない。「私の予想では、ソニー規模の破壊的攻撃や、その他の組織で会社全体が影響を受け、重要インフラにも影響が及ぶ光景を目にすることがさらに増えるでしょう。この予測は、テロリストや北朝鮮やイランといった国家組織が、より洗練され攻撃能力を持ったという過去の動向に裏付けられているのです」(ダマト社長)。

専門家は、攻撃的破壊の発生を防ぐためにはさらなる財政的支援と努力が必要であると指摘する。ハッキングツールがハッカーにとってより身近に利用できるようになっているからである。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。