ハッカーは米国の重要インフラを狙っている

<動画>ダム、発電所、港などが攻撃の対象に

ナレーションは英語で、以下の本文が日本語訳になります(音量にご注意ください)

コンピュータハッカーたちの狙いは、データを盗むだけにとどまらない。広く信じられているより、破壊し機器を操作することを目的としていることのほうが、ずっと多いのである。

米州機構(OAS)の調査によると、南北アメリカの570以上の重要インフラにおいて、並み外れた数の破壊的攻撃の標的が発見された。

この調査では、40%が、コンピュータネットワークをシャットダウンしようとするハッキングがあったと回答。44%がファイル削除の試みに直面したと答えた。さらに54%がハッカーが機器をコントロールしようとしたと回答した。

ダム、発電所、港などが攻撃対象に

ロイター通信のレポーター、ジョセフ・メンはこの数字をショッキングなものだと表現する。「標的になっているのは、ダム、発電所、港などを運営する企業や公的機関です。戦時には最も気がかりになるものであり、彼らは一般の人が考えるより10倍以上も多く破壊的攻撃に遭っているのです」。

一般大衆は、大手小売店であるターゲットやホームデポに影響を与えたようなデータ漏洩についてはよく知っている。一方で、昨年の年末にソニー・ピクチャーズを襲ったような、破壊的ハック攻撃についてはあまり知られていない。ハッカーは会社側のコントロールを奪い、従業員のデータをばらまき、映画の配給を停止させ、コメディ映画「ザ・インタビュー」についての論争を招くことに成功した。

次ページ企業は公表をしないことが多い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT