イスラム国に宣戦布告?アノニマスは正義か

あのハッカー集団が攻撃開始

政府などによるネット上の自由の制限に抵抗してきたハッカー集団アノニマスが、「イスラム国」を攻撃している。「戦争」は、ネット空間にまで広がった。
ガイ・フォークスの仮面が使われた、アノニマスの「宣戦布告」動画。17世紀、英国の宗教弾圧に反対した謀反犯だが、反体制の象徴として、欧米の民衆デモでよく見られる仮面だ

「ウイルスのように扱ってやる。そして、われわれがその治療法だ。われわれは、インターネットを席巻しているんだ」

2月6日、アノニマスはインターネット上にアップした2分12秒の動画で、こう宣言した。真っ赤な画面に浮かび上がるのは、彼らのトレードマークの仮面。合成されたような声で語る。

「『イスラム国』を名乗る連中のウェブサイト、アカウント、メールアドレスを破壊してやる。お前たちには、オンラインで安全な場所はない」

アカウントをアクセス不能に

「宣戦布告」は、米国をはじめ西側諸国が「イスラム国」に対する有効な対策を取っていないことへの反発とみられる。

アノニマスは英語で「無名」の意味。彼らのテロリストに対する攻撃は、今年1月にフランスで起きた風刺新聞シャルリー・エブド襲撃事件をきっかけに始まった。米メディアによると、アノニマスはすでに、「イスラム国」に関係しているとされる800ものツイッターアカウント、12のフェイスブックページ、50のメールアドレスを攻撃している。攻撃には、特定のアカウントに一度に大量のデータを送り、アクセスできなくする方法を用いたという。

日本人の後藤健二さんや湯川遥菜さんを含め、罪のない各国の市民の殺害を続ける「イスラム国」への攻撃は、多くの市民の賛同を得た。動画のサイトには、

「アノニマスは立派だ」

「そうだ! 民衆に力を!」

といった書き込みも見られた。

次ページ正義の味方か?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT