「安心な老後」には、いくら貯金が必要なのか

新入社員の時から毎月4万貯めてもアウト?

さて、どうやって5000万円を作れば良いのでしょうか。

再び同社のアンケートに戻ってみましょう。ちょっと気になる箇所があります。それは「定年・退職後に必要なおカネはいくら貯めるつもりですか?」という設問です。

男性は4216.8万円。女性が2928.2万円。全員で3912.4万円です。定年・退職後に必要なおカネの額に対して、1000万円ほど少なくなっています。

退職金をアテにする発想は捨てよ

これ、恐らく退職金をアテにしているんでしょうね。「定年まで勤めたら、1000万円くらい退職金が出るはず」などと期待しているとしたら、それは単なる思い込みに過ぎませんから、早くその考えを捨てることです。

終身雇用制度がなくなったこの時代、定年まで同じ会社に勤め続ける人の方が稀だし、転職を繰り返していたら、1000万円の退職金など、まず出ないでしょう。なので、もし5000万円を作るなら、退職金は外して資産運用の計画を立てる必要があります。

5000万円。気が遠くなる額ですが、だからこそ早いうちから資産運用をする必要があります。社会人になってから定年までの時間が40年で、運用利回りを年平均4%と仮定すると、定年時に5000万円を作るには、毎月4万2000円程度を積み立てていく計算になります。年平均4%という利回りは、もちろん預貯金では実現不可能ですから、投資信託などの投資商品を活用します。

社会人になると、即座に保険の勧誘が来て、ワケもわからないまま加入させられるケースがありますが、これは全くもって無意味です。保険に入るくらいなら、長期間保有できる投資信託を探して積立投資した方が、老後の資産形成という点でははるかに有意義です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT