インサイダー取引は、どうしてバレるのか

「市場の番人」大森泰人氏に聞く

──市場監視「原論」もきちんと盛り込んでいます。

大森泰人(おおもり・やすひと)
●1958年生まれ。東京大学法学部卒業、大蔵省入省。証券局市場改革推進室長や金融庁調査室長兼法務室長などとして金商法、貸金業法の制定にかかわり、その後、金融庁証券課長、市場課長、企画課長、検事出身の佐渡賢一委員長の下で証券取引等監視委員会事務局次長、兼務で復興庁審議官などを経る。

いろいろな人にそれぞれのメッセージ性があると思う。金融危機を経験した人にとっては記憶を共有するという部分もあるだろう。最も読んでほしい現役市場関係者には、何のためにこの仕事、つまり市場監視をしているのか、よくご理解いただけるのではないか。

もちろん、インサイダー取引にしても相場操縦にしても、摘発されるのは法律で禁止されているからだ。では、なぜ禁止されているのか。普通の投資家の証券市場への信頼を守らなければいけない。今や元本保証の預金を元手に銀行が資金を貸すという形ではリスクテイクが困難になっている。証券市場を通じたおカネの流れを太くしていかないと、望まれる経済構造、産業構造に変わっていけない。多くの人に幅広く証券市場に参加してもらう。そのために不公平に扱われない場だと信頼してもらわなければいけない。そうしようとしている。基本メッセージはそこにある。

──連載を本にしただけにしては記述内容の流れがいいですね。

要約すれば、まず市場の信頼を守る、不公正とは何か、市場の論点は、そして監視実務とは、と流れは進む。あらためて目次を見返して、われながら確かに計画的に書いたようにも思えた。その時々に書くべきと考えたことを素直に記述してドッキングさせたにすぎないのだが。

タイミングよく儲けている取引にはアラートが出る

──テレビ番組に金融検査官が登場して好評を得る時代です。

面白い時代になった。前身の金融監督庁ができた頃には大蔵省から分離して心細い感じだったのが、「半沢直樹」のようなドラマが作られて、あれほどの取り上げられ方をされる役所になったのかと感慨深い。あの存在感。むしろテレビドラマを見て腹を立てた関係者は一人としていなかったのではないか。

──それにしても、この本にあるようにインサイダー取引はそんなにバレるものなのですか。

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

現役の行政官が書いたものであることを意識していたのかもしれないが、いくらバレると言ってもやる人は後を絶たない。何でこいつはこんなにタイミングよく儲けているのだという疑問は、システム的に必ず湧くようになっている。そのタイミングよく儲けている人と発行体との関係がわかれば、ほとんど仕事は終わったようなもの。ここでも個々のドラマは面白いが、この本で追究していってもマニアックになりすぎるから、ほどほどにしてある。

──インサイダー取引の疑いで起訴された経済産業省の木村雅昭元審議官(起訴休職)は上告して、異議を申し立てていますね。

あの人物だけは、同じ役人として「何なんだよ、こいつは」と思ったので、少し感情を込めて書いてしまっているかもしれない。

──文中に「異色官僚」がけっこう登場します。世代が近い人ですね。

木村さんとか古賀茂明さん(元経産省)、西山英彦さん(同)、あるいは高橋洋一さん(元財務省)とか、一つ二つの年齢の違い。でも、たまたまだ。私の場合はまだ内部の人間なので、抑制要因が働く。

──他官庁の動きも個人的に「監視」しているのですか。

「役人」として私自身がなっていないところだ。ずけずけ書いたりしないのが役人の礼儀なのだが、大事な組織としての役割を果たしてもらいたいので、警察庁や法務省、経産省、日本銀行にしても、もっといい仕事ができるのではと思ったら遠慮しない。ただ、人や組織についてはどうでもいいことを書かない。批判しているとすれば、批判するに値するから批判しているのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT