日本の150年は変えられない「運命」だった

浅田次郎が語る「日本の運命」<上>

作家・浅田次郎氏へのインタビュー。その歴史感とは?
今年1月に『日本の「運命」について語ろう』(幻冬舎)を刊行した、作家で、日本ペンクラブ会長の浅田次郎氏へのインタビュー。第1回目は、浅田氏の歴史観などをお聞きした。前・中・後編の3回に分けてお送りする。

 

――語り下ろしの著書は珍しいですね。

初めて。最近はそういう依頼が多くあるが、そもそも語り下ろしをやったことがない。小説家は字を書いてなんぼであり、いっさい断ってきた。この本は実は講演集。講演録なら話は別だ。初めてしゃべり言葉を本にした。

――もちろん新たに推敲された。

僕は何でも人任せがダメな人間で、編集者泣かせかもしれない。しゃべった言葉でも、いざ活字になる、本になるとすれば、読者にとっては僕の本だから、それだけの責任を果たさないといけない。そういう意味で、ある程度、筆を入れさせてもらった。

歴史を正確に知っておくことが必要

――好んでここ150年の歴史に材をとってきました。

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

歴史を考えるとき、幕末・明治維新から150年ほどが経ち、何を間違い、何が成功したか、とは考えない。

どうも、この通りにしかならなかったのではないかと、わりと運命的なものを感じる。これから先も日本の運命はあるのだろう。それは変えられるものかどうかわからない。ただ正確に知っておくことは必要なのだろうと思い、講演をずっとしている。小説もそのつもりで書いている。

150年というのはひとつの歴史だから、どうしても幕末・維新から今日の歴史を分けて考えがちだ。特に日本は元号があるので、明治と大正、昭和を別々の時代と考え、なおかつ、違う国家観で戦前と戦後をとらえる。

だが、よく考えてみるとひとつの国の通史だから、太い部分は今日までつながっているはず。むしろ運命的につながっているというのが僕の考え方だ。

次ページ歴史を学ぶ意味とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT