「勉強する意味は?」と聞く子にビシっと響く返答 勉強を楽しむ方法を生み出す「考え方」とは

✎ 1〜 ✎ 206 ✎ 207 ✎ 208 ✎ 最新
拡大
縮小
「勉強をやる意味がわからない」。子どもからの質問に、親はなんと返答したらいいのでしょうか(写真:TATSU/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

【質問】
小5男子の子どもがいます。毎日ドリルをやる約束になっていますが、子どもがゲームや動画ばかりで、あまりにも勉強をしないので、きつく言ったところ、「勉強をやる意味がわからない。だったら意味を教えて!」と言われました。この言葉にハッとし、なんと返答していいものかわからなくなってしまいました。勉強する意味をどのように伝えたらよろしいでしょうか。
(仮名:大塚さん)

「勉強する意味とは?」

果たしてこの質問に、明確に答えられる大人はどれくらいいるでしょうか。意外と少ないかもしれません。

もちろん勉強する意味はあります。もし、意味がないのであれば、とっくにこの世の中から勉強そのものは“絶滅”しているはずです。世界中で現在も子どもたちは同じような勉強をしているのですから、意味がないわけがありません。

しかし、少しここで考えたいことがあります。

「果たして子どもは本当に勉強の意味を知りたいと思っているのでしょうか?」

もちろん、勉強の意味を心から知りたくて問う子もいます。しかし、そうではないケースもあります。筆者がこれまで4000人以上の小中高生を指導してきた経験から、その判別を次のようにとらえています。

(1)勉強の意味を本当に知りたいと思っている子=すでに勉強している子
(2)勉強の意味を知りたいと方便で言っている子=勉強をやっていない子

(1)の場合、子どもは純粋に意味を知りたいと思っていることがほとんどです。そのようなときには、勉強する意味を説明します。詳細については過去に記事「『勉強する意味は?』と問う子に刺さる言葉」を書いていますので、参照下さい。

大塚さんのお子さんは、おそらく(2)のケースだと考えられます。勉強しない子、勉強が嫌いな子が使う、「勉強する意味がわからない」という言葉は、勉強をしたくないときに使う方便がほとんどです。なぜなら、勉強はやってみないとその意味を知りたいという概念が出てこないからです。

次ページそもそも勉強の意味など知りたいとは思っていない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT