有料会員限定

もうけの仕組み|総合商社 トレードと事業投資の二刀流

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小
伊藤忠の本社ビル
伊藤忠商事は消費者に近い川下領域の事業で急成長(撮影:今井康一)

特集「徹底図解 もうけの仕組み100」の他の記事を読む

戦前から海外拠点を持ち、多様な商品を取引していた総合商社。そのビジネスモデルは近年、大きく変化している。

「商社 冬の時代」といわれた1980年前後の不況期を経て、「投資を軸にバリューチェーンを築き、製造・非製造の事業収益を獲得するとともに、投資をリサイクルしながらリターンを追求する体制への移行」(田中隆之著『総合商社』祥伝社新書)が進んでいるのだ。

現在の収益源はトレードと事業投資・運営に分かれる。

「トレード」は、石油や機械などモノの売買や仲介を通じて利益を得る、総合商社の伝統的なビジネスモデル。

「事業投資・運営」は、出資を通じて事業会社の経営に関与し、そこから上がる利益を配当金などとして受け取る。2000年代以降、トレードに比べて事業投資の収益比率は高まってきた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
徹底図解 もうけの仕組み100
これまでの「製作委員会方式」から脱却を急ぐ
好調な手数料モデル、サブスクモデルと明暗
ビジネスモデル研究の達人、井上達彦氏に聞く
分業化、自国回帰で効率追求
広告収入の減速顕著、序列に変化も
トレードと事業投資の二刀流
遠藤功氏が語る、コロナ後に勝つ企業の条件
世界で強い存在感放つ両業界が稼げる理由
海運は「棚ぼた利益」計上、タイヤは市販で稼ぐ
「選択と集中」が収益力を左右
長期厳選投資のパイオニア、奥野一成氏に聞く
1つのヒットで巨額開発費を回収
貝沼由久・ミネベアミツミ会長兼社長が語る
カメラは高級化、繊維やガラスは多角化に活路
毎月の通信収入が莫大なもうけ
替え刃、広告、垂直統合…経営モデルの世界史
安定収益狙いコンサルへ進出
ベンチャーキャピタリスト赤浦徹氏に聞く
EV時代に対応した稼ぎ方を模索
高炉の収益改善でも課題山積
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内