有料会員限定

戦国武将と同じく「トップが違いを生む」理由 貝沼由久・ミネベアミツミ会長兼社長が語る

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小
インタビューを受けるミネベアミツミ 会長兼社長 貝沼由久氏
貝沼由久(かいぬま・よしひさ)/ミネベアミツミ 会長兼社長。1956年生まれ。慶応大学卒業、米ハーバード大学ロースクール修了。88年ミネベア(現ミネベアミツミ)入社。2009年社長、17年から現職。(撮影:今井康一)

特集「徹底図解 もうけの仕組み100」の他の記事を読む

ベアリング製造を祖業とするミネベアミツミ(旧ミネベア)。モーターなどの事業拡大や買収によって、売上高を社長就任時の14年前から約5倍(23年3月期予想は1兆3000億円)に成長させたのが、貝沼由久・会長兼社長だ。日米で弁護士資格を持つ異色の経営者である貝沼氏に、成長を続けるビジネスモデルのつくり方を聞いた。

──増収基調を続けていますが、事業プランをどのように構想するのでしょうか。

成長を続けてきたのは偶然ではない。私は法律家になるために、総論でコンセプトを勉強してから各論を学んだ。会社の成長も同じこと。まずは「成長戦略」というコンセプトがあり、それを「執行」という各論に落とし込むことが必要だ。「執行」の中には「執行戦略」と「執行行為」がある。

週刊東洋経済 2023年2/25特大号[雑誌](徹底図解 もうけの仕組み100)
『週刊東洋経済 2023年2/25特大号[雑誌](徹底図解 もうけの仕組み100)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
次ページトップダウンではなくて会社が成長できるのか
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
徹底図解 もうけの仕組み100
これまでの「製作委員会方式」から脱却を急ぐ
好調な手数料モデル、サブスクモデルと明暗
ビジネスモデル研究の達人、井上達彦氏に聞く
分業化、自国回帰で効率追求
広告収入の減速顕著、序列に変化も
トレードと事業投資の二刀流
遠藤功氏が語る、コロナ後に勝つ企業の条件
世界で強い存在感放つ両業界が稼げる理由
海運は「棚ぼた利益」計上、タイヤは市販で稼ぐ
「選択と集中」が収益力を左右
長期厳選投資のパイオニア、奥野一成氏に聞く
1つのヒットで巨額開発費を回収
貝沼由久・ミネベアミツミ会長兼社長が語る
カメラは高級化、繊維やガラスは多角化に活路
毎月の通信収入が莫大なもうけ
替え刃、広告、垂直統合…経営モデルの世界史
安定収益狙いコンサルへ進出
ベンチャーキャピタリスト赤浦徹氏に聞く
EV時代に対応した稼ぎ方を模索
高炉の収益改善でも課題山積
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内