もうけの仕組み|紙・パルプ/理美容/ウェディング/葬儀 紙需要減もパルプが補う、理美容は低価格やFCモデルも

✎ 1〜 ✎ 52 ✎ 53 ✎ 54 ✎ 55
拡大
縮小

紙・パルプ|紙需要減をパルプが支える

紙・パルプ「もうけの仕組み」図解

特集「徹底図解 もうけの仕組み100」の他の記事を読む

デジタル化の進展で印刷用紙や新聞用紙需要は減少の一途。段ボールや家庭紙は一定の国内需要が見込めるが、成長商品とは言いがたい。

ただ紙の原材料となるパルプは国際商品で、市況上昇により当面の稼ぎ頭だ。

今後は海外市場開拓と紙利用のプラスチック代替製品や新素材の開発が必須。

理美容|成熟市場で“規模の利益”を追求

QBハウスは稼働率を上げ利益を出すため、本社経費など販管費比率は2割台。

Agu.はスタイリストを業務委託で変動費化、かつ独立させるFCが軸。人材難が共通課題だ。

ウェディング|件数復調も、婚礼の多様化逆風

新型コロナの影響で婚礼の延期が大量発生したが、足元の施行件数は復調傾向に。

ただ結婚式場の運営会社は料理などの売上原価に加え、式場運営のための固定的な費用が重い。

今後の焦点は施行単価をどう伸ばすか。少人数婚などウェディングの多様化が進む中、単価向上策が求められる。

葬儀|簡素化進み単価落ち込む

新型コロナ下での葬儀の簡素化で、葬儀単価は2020年に急落。

業界は中小業者が大半でホール、祭壇、料理、人件費などの費用を除いた分が利益となる。

近年は遺品整理、相続支援といった多角化やネット仲介会社の台頭が目立っている。

紙・パルプ、理美容、ウェディング、葬儀の業界地図は、「業界地図デジタル」でご覧いただけます。
鶴見 昌憲 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

つるみ まさのり / Masanori Tsurumi

紙パルプ、印刷会社等を担当

この著者の記事一覧はこちら
岡本 享 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

おかもと とおる / Tohru Okamoto

一橋大学社会学部卒。機械、電機、保険、海運業界などのほかマーケットを担当。2013~2015年『会社四季報プロ500』編集長、2016年「決定版 人工知能超入門」編集長、2018~2019年『会社四季報』編集長。大学時代に留学したブラジル再訪の機会をうかがう。

この著者の記事一覧はこちら
三上 直行 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

みかみ なおゆき / Naoyuki Mikami

1989年東洋経済新報社入社。これまで電機などを担当。現在は、冠婚葬祭業界を担当。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
徹底図解 もうけの仕組み100
これまでの「製作委員会方式」から脱却を急ぐ
好調な手数料モデル、サブスクモデルと明暗
ビジネスモデル研究の達人、井上達彦氏に聞く
分業化、自国回帰で効率追求
広告収入の減速顕著、序列に変化も
トレードと事業投資の二刀流
遠藤功氏が語る、コロナ後に勝つ企業の条件
世界で強い存在感放つ両業界が稼げる理由
海運は「棚ぼた利益」計上、タイヤは市販で稼ぐ
「選択と集中」が収益力を左右
長期厳選投資のパイオニア、奥野一成氏に聞く
1つのヒットで巨額開発費を回収
貝沼由久・ミネベアミツミ会長兼社長が語る
カメラは高級化、繊維やガラスは多角化に活路
毎月の通信収入が莫大なもうけ
替え刃、広告、垂直統合…経営モデルの世界史
安定収益狙いコンサルへ進出
ベンチャーキャピタリスト赤浦徹氏に聞く
EV時代に対応した稼ぎ方を模索
高炉の収益改善でも課題山積
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内