もうけの仕組み|トイレタリー/家具/アパレル/リユース 日用品は首位が貢献、家具やアパレルはSPA台頭

✎ 1〜 ✎ 48 ✎ 49 ✎ 50 ✎ 最新
拡大
縮小

トイレタリー|トップシェア商品が利益の源泉

トイレタリー「もうけの仕組み」図解

特集「徹底図解 もうけの仕組み100」の他の記事を読む

洗剤やせっけん、歯磨き粉など生活に欠かせない日用品は価格競争が厳しい。薄利多売のため、数量が多く出る上位シェア商品を持つことが重要だ。

コロナ禍での衛生意識の高まりからハンドソープなど衛生商材は好調が続く。人口減少の中で、高付加価値商品の開発や容量縮小による実質値上げなど、原価上昇への対応策を模索する。

家具|家具販売の原価率は約50%

家具を売るには在庫や大型店舗、接客が必要なため、販管費の比重が大きい。

大塚家具は一等地に大型店舗を構え、メーカーからの直接仕入れと、丁寧な接客を武器に業績を伸ばしたが、SPA(製造小売業)でコストコントロールに長けたニトリや北欧発のイケアの台頭で淘汰された。

アパレル|「仕入れ型」と「SPA」で角逐

衣料品販売では近年、ファーストリテイリングに代表されるSPA(製造小売業)が急速に台頭している。企画から販売まで自社で一貫して行うため、高い粗利率を確保できるからだ。

仕入れ型のしまむらは薄利多売だが、標準化された店舗運営でコストを抑えている。

コロナ禍を経て消費動向はより厳しくなり、価格に見合う価値提供が重要となる。

リユース|買い取りこそが成長の生命線

店頭やネットで不用品を買い取り、販売するが、調達は個人買い取りと法人仕入れが主で、ほかの小売業に比べ原価率は低い。

近年はメルカリなどフリマアプリとの競争が激化。仕入れが成長を左右するため、各社は出張や宅配、催事や特化店の展開など、多様な仕入れ形式を模索している。

トイレタリー、家具、アパレル、リユース業界の地図は、「業界地図デジタル」でご覧いただけます。
伊藤 退助 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

いとう たいすけ / Taisuke Ito

日用品業界を担当し、ドラッグストアを真剣な面持ちで歩き回っている。大学時代にはドイツのケルン大学に留学、ドイツ関係のアルバイトも。趣味は水泳と音楽鑑賞。

この著者の記事一覧はこちら
山﨑 理子 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

やまざき りこ / Riko Yamazaki

埼玉県出身。大学では中国語を専攻、在学中に国立台湾師範大学に留学。2021年東洋経済新報社に入社し、現在小売り・アパレルを担当。趣味はテレビドラマのロケ地巡りなど。

この著者の記事一覧はこちら
野口 晃 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

のぐち あきら / Akira Noguchi

中古品小売りなどの業界を担当。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
徹底図解 もうけの仕組み100
これまでの「製作委員会方式」から脱却を急ぐ
好調な手数料モデル、サブスクモデルと明暗
ビジネスモデル研究の達人、井上達彦氏に聞く
分業化、自国回帰で効率追求
広告収入の減速顕著、序列に変化も
トレードと事業投資の二刀流
遠藤功氏が語る、コロナ後に勝つ企業の条件
世界で強い存在感放つ両業界が稼げる理由
海運は「棚ぼた利益」計上、タイヤは市販で稼ぐ
「選択と集中」が収益力を左右
長期厳選投資のパイオニア、奥野一成氏に聞く
1つのヒットで巨額開発費を回収
貝沼由久・ミネベアミツミ会長兼社長が語る
カメラは高級化、繊維やガラスは多角化に活路
毎月の通信収入が莫大なもうけ
替え刃、広告、垂直統合…経営モデルの世界史
安定収益狙いコンサルへ進出
ベンチャーキャピタリスト赤浦徹氏に聞く
EV時代に対応した稼ぎ方を模索
高炉の収益改善でも課題山積
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内