有料会員限定

もうけの仕組み|総合電機 「選択と集中」が収益力を左右

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小
ソニーのロゴの看板
(撮影:尾形文繁)

特集「徹底図解 もうけの仕組み100」の他の記事を読む

かつては世界を席巻した日本の電機メーカー。重電、家電、半導体など電気に関わる幅広い事業を総花的かつ同質的に手がけ、総合電機とひとくくりに呼ばれることが多かった。

しかし、2008年のリーマンショックあたりから状況は一変。不採算事業から撤退して採算の取れる事業に経営資源を投下するという、個社の強みに応じた構造改革を迫られることになった。

現在の電機メーカーの収益力を左右する要因の1つとして、こうした過去の構造改革の巧拙が挙げられる。

下図は2008年3月期以降の各社の営業利益率を示したものだ。ここからは、ソニーグループと日立製作所が利益率の改善で他社を上回っていることが見て取れる。

次ページ売却だけでなく、攻めの投資も進めている
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
徹底図解 もうけの仕組み100
これまでの「製作委員会方式」から脱却を急ぐ
好調な手数料モデル、サブスクモデルと明暗
ビジネスモデル研究の達人、井上達彦氏に聞く
分業化、自国回帰で効率追求
広告収入の減速顕著、序列に変化も
トレードと事業投資の二刀流
遠藤功氏が語る、コロナ後に勝つ企業の条件
世界で強い存在感放つ両業界が稼げる理由
海運は「棚ぼた利益」計上、タイヤは市販で稼ぐ
「選択と集中」が収益力を左右
長期厳選投資のパイオニア、奥野一成氏に聞く
1つのヒットで巨額開発費を回収
貝沼由久・ミネベアミツミ会長兼社長が語る
カメラは高級化、繊維やガラスは多角化に活路
毎月の通信収入が莫大なもうけ
替え刃、広告、垂直統合…経営モデルの世界史
安定収益狙いコンサルへ進出
ベンチャーキャピタリスト赤浦徹氏に聞く
EV時代に対応した稼ぎ方を模索
高炉の収益改善でも課題山積
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内