有料会員限定

今井尚哉「脱炭素は行くも地獄、戻るも地獄だ」 元首相秘書官が語る「日本のエネルギー戦略」

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

安倍元首相の側近としてエネルギー・産業政策を指揮してきたキーマンに、日本の針路を聞いた。

インタビューを受ける内閣官房参与 今井尚哉氏
今井尚哉(いまい・たかや)/内閣官房参与、キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹。1982年通商産業省(現経済産業省)入省。2011年資源エネルギー庁次長などを経て、第1次および第2次安倍政権で首相秘書官を務める。2020年内閣官房参与、2021年キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。(撮影:尾形文繁)

特集「どうするエネルギー危機 どうなる脱炭素」の他の記事を読む

2月13日(月)発売の『週刊東洋経済』では、「どうするエネルギー危機 どうなる脱炭素」を特集。あらゆるエネルギー価格が高騰し続ける中、経済成長を維持しながら脱炭素をどう両立させるか。そして、エネルギー安全保障をどう確保するのか。難しい課題に直面する日本と世界の最前線を追っている。

日本政府が昨年末に示した「GX(グリーントランスフォーメーション)実現に向けた基本方針」が、2月10日閣議決定された。脱炭素、エネルギー安定供給、経済成長の3つの課題を同時に克服するため、再生可能エネルギーや原子力への電源転換を進め、今後10年間で150兆円の官民のGX投資を行うというものだ。

資源エネルギー庁次長や安倍政権の首相秘書官兼補佐官などを歴任した今井尚哉氏はGXをどう見ているのか。エネルギー・産業政策を指揮してきたキーマンに、日本の針路を聞いた。

──岸田政権が進めるGX政策をどのようにみていますか?

週刊東洋経済 2023年2/18号[雑誌](どうするエネルギー危機 どうなる脱炭素)
『週刊東洋経済』2023年2月18日号(2月13日発売)の特集は「どうするエネルギー危機 どうなる脱炭素」です。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

GX全体は否定しないが、抽象論ばかりになってしまっている。産業ごとの脱炭素化について、具体的な工程が示されていない。多くの要素技術は商業化する前に研究開発の途上で死んでいく。あれもこれもやろうとして「合成の誤謬」を起こしている。

脱炭素を進めるにはさらなる省エネの深掘りか、電化、水素化、炭素の除去・再利用しかない。150兆円を先に言うよりも、まず分野を絞って投資戦略を作るのが大事だ。

2030年度までに温室効果ガスを46%削減するという高い目標がある中で、パッチワークの政策になってしまうのは仕方ない側面もある。

実は安倍政権のときも2030年の脱炭素目標を準備したことがあるが、そのときはそうとう無理をして積み上げても26%削減が限界だった。

次ページ不足する事態に備えるべきだ
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
どうするエネルギー危機 どうなる脱炭素
十倉会長「産業が滅べば脱炭素に貢献できない」
脱炭素社会へ官民150兆円投資、「GX」政策の全貌
カルテル主導の関電は課徴金免除、情報漏洩も
元首相秘書官が語る「日本のエネルギー戦略」
ユーラスは当初計画を縮小も、議論は泥沼化
副社長「総意としての賛成ないと進められない」
脱炭素を名目に「なんちゃってファンド」を設立
再エネの「切り札」獲得へ交錯する企業の思惑
岸田政権がごり押しする「GX基本方針」の危うさ
龍谷大の大島堅一教授に「原子力の将来」を聞く
日本に原子力産業を残すべきかが問われる
政府の「GX」政策を国際大学の橘川副学長に聞く
国連の「10提言」で日本企業が注意すべき点は?
相殺に使われる炭素クレジットの質は玉石混淆
「クレジットの欠陥を理解しつつも活用する」
「サハリン2」は早晩停止のリスク、早急に対策を
ヤーギン氏に聞く「エネルギー地政学」の未来図
電力・ガス料金「倍増」で産業界から上がる悲鳴
「再エネ賦課金」として国民負担が増した懸念も
JX金属は「都市鉱山」を活用、鍵は排出量の削減
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内