有料会員限定

プーチンの次の武器は日本を襲う「LNG危機」だ 「サハリン2」は早晩停止のリスク、早急に対策を

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小

プーチンの次の「武器」はLNG。そのとき、日本への影響は。

サハリン2の海上プラットフォーム
ロシア初のLNGプロジェクト「サハリン2」。生産するLNGの約6割を日本に供給している(写真:Peter Blakely/Redux/アフロ)

特集「どうするエネルギー危機 どうなる脱炭素」の他の記事を読む

開戦から1年。だが、「プーチンの戦争」は終わる気配を見せていない。

2022年2月24日、ロシアはウクライナへの全面侵攻を開始した。プーチン大統領は短期決戦をもくろんでいたが、意に反し長期戦を強いられている。

その影響は広範囲に及んでいる。中でも、EU(欧州連合)がロシアに依存していた石油や天然ガスの供給をめぐる問題は深刻だ。価格は高騰し、世界中が「エネルギー危機」に見舞われている。

これは1970年代の「オイルショック」の再来だろうか。

次ページEUの誤謬を見逃さなかったプーチン
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
どうするエネルギー危機 どうなる脱炭素
十倉会長「産業が滅べば脱炭素に貢献できない」
脱炭素社会へ官民150兆円投資、「GX」政策の全貌
カルテル主導の関電は課徴金免除、情報漏洩も
元首相秘書官が語る「日本のエネルギー戦略」
ユーラスは当初計画を縮小も、議論は泥沼化
副社長「総意としての賛成ないと進められない」
脱炭素を名目に「なんちゃってファンド」を設立
再エネの「切り札」獲得へ交錯する企業の思惑
岸田政権がごり押しする「GX基本方針」の危うさ
龍谷大の大島堅一教授に「原子力の将来」を聞く
日本に原子力産業を残すべきかが問われる
政府の「GX」政策を国際大学の橘川副学長に聞く
国連の「10提言」で日本企業が注意すべき点は?
相殺に使われる炭素クレジットの質は玉石混淆
「クレジットの欠陥を理解しつつも活用する」
「サハリン2」は早晩停止のリスク、早急に対策を
ヤーギン氏に聞く「エネルギー地政学」の未来図
電力・ガス料金「倍増」で産業界から上がる悲鳴
「再エネ賦課金」として国民負担が増した懸念も
JX金属は「都市鉱山」を活用、鍵は排出量の削減
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内