東大生が断言「共通テストは解きやすくなった」訳 知識ゼロでも「読めれば楽に解ける」問題が頻出

拡大
縮小
大学入学共通テストは、どんな人にとって「解きやすい」のでしょうか?(撮影:梅谷秀司)
「本は読むんだけれど、頭に残らない」「どれだけ本を読んでも身につかない」「読解力の身につけ方がわからない」
そんな悩みに答える書籍として20万部のベストセラーとなった『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』の著者、西岡壱誠氏は、こう語ります。
「今年行われた大学入学共通テストは、『東大受験生に有利』なものでした。読解力があれば楽に解ける問題が多く、読解力はまさに東大入試で問われる能力だからです」
どういうことか、解説してもらいました。

嘆く人もいれば「楽になった」と感じる人もいた

先月14~15日、全国で大学入学共通テストが行われました。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

これは、「センター試験」から「共通テスト」に変わって3回目の入試です。多くの受験生や受験関係者が「センター試験と比べて大きく変わったんだな」と感じるような内容になっていました。

センター試験が「知識があれば解ける問題」だったのに対して、共通テストは知識ではなく「思考力・判断力・表現力」を重視した問題が出題されています。

ただ知識を問う問題ではなく、資料を読み取ったり、その資料から考察を深めたり、きちんと頭を使わなければ解けない問題ばかりで、多くの人がSNS上で「これは、どうやって対策したらいいんだろう?」「ただ勉強して、知識を暗記してもこんな問題は解けないじゃないか」と嘆いていました。

一方、この変化を「むしろ解きやすくなった」と感じる人たちもいます。それはなぜなのでしょうか。

僕が非常に強く感じたのは、この入試が読解力を求められる試験である、ということです。

次ページ「読む量が増えた」をプラスに変える力
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT