ヤマダ電機、住宅事業の高い目標に湧く疑問

「5年で売り上げ3倍」計画が無茶に見えるワケ

ヤマダS×Lの社長には、長野純一氏が就任(5月26日の株主総会後)する。長野氏は、タマホームの営業本部長などを経験し、今年1月にヤマダ電機入りした人物だ。タマホームといえば、ローコスト住宅を得意としてきたハウスメーカー。ただ、そのタマホームは消費増税の影響により、今年度(2015年5月期)は営業利益が前期からほぼ半減した。

一方、ヤマダS×Lは元々、「kobori建築工房」など高額な住宅が得意なハウスメーカー。この世界は設計やデザインといった提案力が強く問われる。価格訴求で住宅を売ってきた長野氏が、ヤマダS×Lを再建し、引っ張っていけるかの手腕が試される。

施工体制や人材育成に課題も

仮にヤマダ電機グループの思惑通り、住宅事業が拡大するとしても課題がある。それに見合う施工体制が整うのか、また設計や営業といった人材をしっかり育成していけるかだ。住宅は家電製品と違い出来合いのモノではない。完成するまでに人が関わる部分が多い業種であり、さらにアフターサービスなどの質が問われる分野でもある。拙速な成長を目指せば、この部分で落とし穴にはまるかもしれない。

ヤマダ電機グループの「家電をより多く売りたい」という気持ちは分からなくない。ただ、市場環境やビジネスの構造を考えると、いくつもの高い壁を越えられなければ、ヤマダ電機グループがもくろむ住宅事業の急拡大はとても果たせない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT