資産5億超え投資家がこっそり指南、2つの買い時 初心者こそ「相場と株価のサイクル」を理解しよう

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
資産5億円超えの投資家のDUKE。さんに聞く、ガチ投資術とは(写真:78create/PIXTA)
岸田首相がNISA制度の改革を表明するなど、「貯金から投資」への流れがますます加速している今日この頃。しかし、株や投資信託の数が多すぎて、「結局、どの株が買えばいいのか」「あわよくば儲かるのか」と早くもさじを投げている人もいるのではないでしょうか。
そんな中、資産5億円超えの投資家のDUKE。さんは、「新高値ブレイク投資」という手法を提案します。『忙しい人でも1日10分から始められる 3年で3人の「シン億り人」を誕生させたガチ投資術』から一部抜粋してお届けします。

2つのタイミングを見極めて高いリターンを狙う

前回の記事で、新高値ブレイク投資法のメリットはおおよそ理解していただいたと思いますので、今回は実践方法を紹介していきます。新高値ブレイク投資法で高いリターンを狙うには、2つのタイミングを見極めることが重要です。

〈高いリターンを狙うための2つのタイミング〉

・株式市場全体の相場サイクル

・個別銘柄の株価サイクル

株式市場全体の相場が低迷しているときには、どんなに強い銘柄でも株価に下げ圧力が加わります。株式市場全体が上昇している時期のほうが、高いパフォーマンスを出しやすくなります。株式市場全体の大きな流れを把握するには、相場のサイクルを理解しておく必要があります。

株式相場には主に4つの局面が存在します。①金融相場、②業績相場、③逆金融相場、④逆業績相場です。この4つの局面を繰り返します。

次ページグロース株に有利になる「金融相場」
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT