大塚駅、「池袋よりにぎわっていた」駅前の変遷 都電が発展させたエリア、再開発で新たな風

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20
拡大
縮小
JR大塚駅の北口広場
2021年にリニューアルした大塚駅北口駅前広場(筆者撮影)
この記事の画像を見る(12枚)

東北本線、山手線などを建設したのは、日本初の民営鉄道(私鉄)であった日本鉄道である。現在の常磐線も同社が建設を進め、1896年に田端―土浦間が開業。さらに山手線とこの鉄道を結ぶ路線が「豊島線」の名で計画された。山手線池袋―田端間のルーツである。

計画変更で現在位置に

この支線は最初、最短距離を一直線に結ぶべく、目白―雑司ヶ谷―大塚―巣鴨―田端のルートが予定された。しかし起点となる目白駅が、堀割の中にある手狭な駅で、スペースが必要となる分岐点としては適当ではないと考えられ、もう少し北の、広い平坦地が取れる池袋に信号場を設置。分岐させる計画に変更された。

豊島線は開業前に品川線(品川―赤羽間)と統合されて山手線と改名し、1903年4月1日に営業運転を開始。このとき、池袋駅が信号場から正式な駅へ格上げされたのをはじめ、巣鴨駅、大塚駅も誕生している。2023年には開業120周年を迎える。歴史の古さは、駅東側に残るガードの、レンガ積みの橋台からもしのべる。

当初の計画では、大塚駅の位置はもう少し南側が予定されていた。「大塚」と呼ばれる土地は、文京区の大塚1~6丁目付近で、東京メトロの新大塚駅、茗荷谷駅、護国寺駅に囲まれたあたりだ。丸ノ内線の駅は後からできたので「新」を冠しはしたが、本家はこちらだ。

大塚駅東側の橋台
大塚駅東側のレンガ積み橋台(筆者撮影)
東京メトロ丸ノ内線の新大塚駅
東京メトロ丸ノ内線の新大塚駅(筆者撮影)

ルート変更後の大塚駅は、建設中には所在地から「宮仲駅」と命名される予定であったが、近在のより大きな集落であった大塚の名が与えられたのだった。山手線での同様の例としては、目黒村の中心部からは離れており、現在も目黒区ではなく品川区に所在する目黒駅がある。

今の大塚駅周辺の町名は北大塚、南大塚となっている。これは駅名に由来しており、実態に合わせて1969年に巣鴨または西巣鴨から改称されたもの。学校名や巣鴨警察署、都電の巣鴨新田停留所などに旧町名が残っている。

次ページ谷間にあった繁華街
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT