スマホが原因?「幼児期の近視」は進行が速い

心因性視力障害にも要注意

(写真:Ushico / PIXTA)

現在、近視の小学生が増え続けており、中には幼稚園の年長から近視がはじまっているお子様もいるそうです。幼児期の近視ははじまってしまうと進行が速いため、早期発見と予防が望まれます。

お子様がこれから過ごす人生の中で、できる限り本来の視力を生かし、健康な目の状態を維持するためにできることとは? アスクドクターズでは、子どもの近視の原因と、視力が低下しないための予防法について探っていきたいと思います。

子供の近視とは?原因を知ろう

上の画像をクリックすると提供元のアスクドクターズ(運営:エムスリー)に遷移します。本記事はアスクドクターズ・ニュースに2014年1月30日に掲載されたものです

子どもの視力低下の主な原因は、近くの見すぎによるものだといわれています。まず仮性近視という状態から端を発するようです。

仮性近視とは、一時的な調整麻痺や緊張などから、毛様体筋とよばれる遠近調整を行う目の筋肉が一時的にこり固まった状態をさします。これは読書や勉強などで目を使いすぎた時など、日常生活の中で一時的に起こる筋肉の緊張ですので、眼のストレッチをするなど筋肉をほぐすことで子どもの視力は回復ができる状態です。

次ページ低年齢化が進んでいるのはナゼ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT