目を奪う映像美「IMAX」CEOが語る日本での戦略 『すずめの戸締まり』など邦画も幅広く上映

拡大
縮小
IMAX
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は12月16日(金)より全国劇場公開(C) 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.
この記事の画像を見る(6枚)

今年の映画界は『ONE PIECE FILM RED』『すずめの戸締まり』『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』といったアニメをはじめ、『キングダム2 遥かなる大地へ』『シン・ウルトラマン』といった邦画作品、そして『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』といった洋画作品など、ヒット作の傾向もバラエティ豊かで、例年にない豊作の年となった。それらの作品はIMAXシアターでも上映され、盛況となっている。

IMAXシアターは4Kレーザー投影システムを採用しており、まるで映画に入り込んだかのような没入感を体験できるのが特徴だ。また12chサウンドシステムを採用し、サウンド面でも臨場感を味わうことができる。

トム・クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』は「IMAXで観たい」という観客も多く、日本でも「グランドシネマサンシャイン 池袋」が、世界のIMAXシアターの中でも興行成績世界ナンバーワンの記録を達成。12月16日には『アバター』の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の公開も控えている。IMAX社にとっても日本は欠かせないマーケットとなっているのだ。

多くの映画人、映画ファンに愛されているIMAXシアターだが、その歴史を紐解くと、IMAXの初上映は1970年の大阪万博であるなど、実は日本との関係性も深いものがある。そこでIMAX社が見据える日本市場について、IMAX社CEOのリチャード・ゲルフォンド氏に話を聞いた。

「日本はものすごく潜在能力がある」

――IMAX社における日本市場はどう捉えていますか?

パフォーマンスという意味で日本は本当に素晴らしい国なんです。1スクリーンあたりの興行収入を示したPSA(パー・スクリーン・アベレージ)という指標があるんですが、日本は1スクリーンあたり150万ドル(約2.1億円)という金額になっていて。世界と比べても一番高い数値となっています。日本でパートナーシップを結んでいる興行会社の皆さんも、その実績についてはたいへん満足されていて。日本はものすごく潜在能力がある国だという実感があります。

次ページ日本での普及は目指していく?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT