オートバックスが軽キャンパーを仕掛ける意味 ダイハツ「ハイゼットカーゴ」を快適カスタム

✎ 1〜 ✎ 121 ✎ 122 ✎ 123 ✎ 最新
拡大
縮小

ボディカラーには、オリジナルのオリーブドラブとコヨーテ(ダイハツ サンドベージュメタリック)を採用することも、S-01の大きな特徴だ。シックで、アウトドアにもマッチするこれらのカラー、じつはダイハツが生産工場で施すメーカー塗装で、高い質感も実現する。

小曽根氏
S-01について語るオートバックスセブンの小曽根氏(筆者撮影)

ブランドを手がけるオートバックスセブン 執行役員ライフスタイル担当の小曽根憲氏によれば、S-01は「ダイハツさんとの共同開発により生まれた」という、いわば、コラボレーションモデルだ。

V-01
トヨタのハイエースをベースにしたV-01(筆者撮影)

コラボの経緯は、約3年前、2019年1月開催のカスタマイズカー展示会「東京オートサロン2019」までさかのぼる。その展示会で、オートバックスセブンが手がけるキャンピングカーとして、V-01やC-01が初お披露目されたのだが、それらを見たダイハツの首脳陣が気に入り、当時発売前だった現行ハイゼットカーゴとのコラボを依頼。

C-01
日産のNV200バネットをベースにしたC-01(筆者撮影)

オートバックスセブン側もそれを受け入れ、当時未定だったS-01のベース車両をハイゼットカーゴとすることを決定したという。メーカーがカスタマイズカーの外装塗装を担当するという稀少な事例となった。ちなみにNV200バネット・ベースのC-01にも、オリーブドラブとコヨーテというボディカラーを採用するが、こちらは日産が生産工場で塗装を担当。ゴードンミラーモータースにとって、直接メーカーへ塗装を委託するのは、S-01で2例目となる。

S-01の特徴・内装

内装
S-01の内装(写真:オートバックスセブン)

一方、内装では、前席と2列目シートに、ボディカラーとマッチさせたオリジナルカラーのシートカバーを装備する。カバーの素材には、軽量かつ高い強度を誇り、摩擦・引裂き・引張・すりきれ・穴あきに強いコーデュラ・ファブリックを採用。また、表面にはデュポン社のテフロン加工も施すことで、撥水・防汚・防塵の効果をプラスしている。

シート背面
S01のシート背面(筆者撮影)

さらに前席のシートカバー背面には、大型のポケットとモールウェビングも装備する。ハイゼットカーゴの2列目シートは、フロアに収納することで荷室をフラットにできることも特徴だ。ただし、その際には、ヘッドレストを取りはずす必要があるのだが、シートカバー背面に大型のポケットを設けることで、ヘッドレストを収納することが可能だ。

また、モールウェビングは、モールシステムに対応したポーチなどのアイテムを簡単に取り付けしたり、カラビナなどを使用すれば好きなキャンプギアを吊るしたりすることもできる。このように、簡単に自分好みのアイテムを追加できるのも、S-01の魅力のひとつだといえる。

次ページ気になる販売方法や車両価格は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT