評価割れる「北条義時」勝海舟が尊敬した"深い訳" 「国家の為に尽くした」と、勝海舟は高く評価

拡大
縮小
勝海舟
勝海舟の銅像(写真:skipinof/ PIXTA)

勝海舟は、貧しい生い立ちにもかかわらず、刻苦勉励し、徳川幕府の要職にまで上り詰め、西郷隆盛との談判で江戸の危難を救ったことで知られています。明治維新後も海軍卿に就任するなど新政府に仕えますが、そんな彼の談話を筆録したのが『氷川清話』です。そこには、海舟の前半生が語られたり、人生観や政治観、外交などが縦横に述べられています。

しかし、それだけではなく、歴史上の人物や、同じ時代を生きた人間への評価というものも、海舟はしているのです。そしてその中には、あの北条義時も含まれています。

北条義時と聞いても、数年前までは「誰?」という状態だったかもしれませんが、今では大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主人公として、その名は多くの人に知れ渡りました。

義時は伊豆国の豪族・北条時政の子として生まれ、普通ならば、同地の豪族として人生を終えるはずだったものが、姉の政子が源頼朝に嫁いだことにより、人生は激変。頼朝の「親衛隊」の一員となったばかりか、平家方討伐のため西国にも出陣。頼朝死去後は、宿老の1人として、権力の一角に食い込みます。そして時政と共に、ほかの有力御家人を次々と蹴落としていき、北条氏躍進の基礎を築いていくのです。

勝海舟「義時は国の為に尽くした」

そんな義時を約600年後に海舟はどう評しているのか? 海舟は『氷川清話』の中で言います。「北条義時は、国の為には、不忠の名をあまんじて受けた。すなわち自分の身を犠牲にして、国家の為に尽くしたのだ」と。つまり、大きく評価しているのです。

しかし、海舟が言う(近代国家的な)「国」という概念は、鎌倉時代には当然、ありません。海舟は義時は「国」のために「不忠」の汚名を受けたと主張していますが、これは具体的には何を指しているのでしょうか?

次ページ義時への評価の理由
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT