仕事も勉強も共通「伸びる人、伸びない人」5つの差 知への「危機感」「同調圧力」…あなたは大丈夫?

拡大
縮小

西岡:僕は前に上梓した『東大思考』という本で、英単語を覚えるときには「語幹」から攻めるべき、ということを書きました。例えば「com」は、「一緒」という意味合いですが、「カンパニー」「合コン」「コミュニケーション」などにも使われているなと関連付けていくと、勉強するハードルが下がると思うのです。

(撮影:尾形文繁)

身近な「ロールモデル」を設定する

5:適切なロールモデルを置く

嶋田適切なロールモデルを置くというのも大事なことかもしれません。

スポーツはそうですよね。例えば、このサッカー選手のようになりたいなど目標があります。それがロナウドではちょっと難しいですが、先輩や上司、あるいは自分の知りたいことに詳しい人など、ビジネスパーソンのモデルになる人は身近にいると思うのです。分野ごとに何人いてもいいでしょう。

その人の行動自体から学べますし、「どんな本を読んでいるんですか、お勧めはありますか」などと質問することもできます。伸びる人は、そういうことも積極的にやっていますね。

質問された人は一瞬面倒に思うかもしれませんが、「言われてみれば、こういうことをしたかな」などと、案外教えてくれるものです。言語化を手伝うことになり、かえって感謝されることもあります。

ですから、必要以上に遠慮したりせず、周りの人をうまく使うといいですね。

西岡:僕も2浪したときは、東大に合格した友人たちに勉強のやり方を聞きまくって、マネしまくりました。あれもある意味、ロールモデルだったんですね。

(後編に続く。構成:泉美木蘭)

この記事の画像を見る(4枚)
嶋田 毅 グロービス経営大学院教授、グロービス出版局長

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

しまだ つよし / Tsuyoshi Shimada

グロービス経営大学院教員、グロービス出版局長。東京大学理学部卒業、同大学院理学系研究科修士課程修了。戦略系コンサルティングファーム、外資系メーカーを経てグロービスに入社。累計160万部を超えるベストセラー「グロービスMBAシリーズ」のプロデューサーも務める。著書に『MBA 100の基本』『ビジネスで使える数学の基本が1冊でざっくりわかる本』『KPI大全』(以上東洋経済新報社)、『グロービスMBAミドルマネジメント』(ダイヤモンド社)など。経営戦略、テクノベート・ストラテジー、研究プロジェクトなどの講師を務めるほか、各所で講演なども行っている。

この著者の記事一覧はこちら
西岡 壱誠 現役東大生・ドラゴン桜2編集担当

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

にしおか いっせい / Issei Nishioka

1996年生まれ。偏差値35から東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で不合格。崖っぷちの状況で開発した「独学術」で偏差値70、東大模試で全国4位になり、東大合格を果たす。

そのノウハウを全国の学生や学校の教師たちに伝えるため、2020年に株式会社カルペ・ディエムを設立。全国の高校で高校生に思考法・勉強法を教えているほか、教師には指導法のコンサルティングを行っている。また、YouTubeチャンネル「スマホ学園」を運営、約1万人の登録者に勉強の楽しさを伝えている。

著書『東大読書』『東大作文』『東大思考』『東大独学』(いずれも東洋経済新報社)はシリーズ累計40万部のベストセラーになった。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT