有料会員限定

プーチンが文豪ドストエフスキーを利用する思惑 「カラマーゾフの兄弟」で読むウクライナ戦争

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

右派思想を持った文豪ドストエフスキーを政治的に利用しようとするプーチン。だが両者には、絶対的に相容れない点もある。

2021年11月、リニューアルしたドストエフスキー博物館を訪問するプーチン大統領(写真:ロイター/アフロ)

特集「武器としての名著」の他の記事を読む

・『カラマーゾフの兄弟』とは?
ドストエフスキーの人生の総決算として、1879年に雑誌連載がスタート。欲望にまみれた父、フョードル・カラマーゾフと、それぞれに「カラマーゾフの血」を牽いた3人の兄弟、ドミートリイ、イワン、主人公のアリョーシャの人間模様が描かれる。小説のテーマは「父殺し」。作品の成立した19世紀後半のロシア、そして現代の世界においてこの普遍的なテーマがどのような意味を持つのかが問われる。

「父殺し」の小説と現代ロシアの大いなる父

『カラマーゾフの兄弟』は、端的にいえば父殺しのミステリーだ。事件の舞台はロシアの片田舎だが、この「父殺し」というテーマが、物語の書かれた19世紀のロシア、さらには現代でどのような普遍性を持つのか。それが問われなくては、今この作品が読まれる意味はない。

週刊東洋経済 2022/12/10号
『週刊東洋経済 2022/12/10号』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

19世紀のロシアにおける「大いなる父」といえば、アレクサンドル2世だ。1861年の農奴解放によって「解放王」の異名もある名君主だが、性格的な弱さもあって改革が不徹底なものになり、抑圧されてきたロシアの民衆の不満は逆に膨れ上がって爆発する。それが60年代後半から70年代のテロの時代につながっていく。『カラマーゾフの兄弟』はこうした時代に1つの問題を突きつけた。

視点を現代のロシアに移すと、プーチンという大いなる父がいる。世界を混沌の中に陥れているプーチンだが、彼の支持率はまだ7割もある。

次ページプーチンが「天才的な思想家」と評価する理由
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
武器としての名著
戦争、疫病、民主主義…古典から読み解く明日
「カラマーゾフの兄弟」で読むウクライナ戦争
軍事評論家の小泉悠氏に聞く「戦争を読む古典」
「わかった気」になる解説・入門書にはご注意
「小右記」の平安時代、神頼みと科学的対策が並立
1位は169万部!累計発行部数ランキング公開
仕事でミスした夜、救ってくれたダンテの言葉
「ファスト教養」著者のレジーに聞く教養の行末
読書で挫折する前に試したい最強の入門ツール
「儒教・仏典・武士道」の日本で必要とされた知性
冨山和彦が「君主論」に見る組織経営の神髄
星野リゾート星野代表が語る「国富論」の重要性
元法政大総長、田中優子氏が読む「日本永代蔵」
ユーグレナ出雲社長が語る中国古典の魅力
経営でも取り入れられる「信賞必罰」の真意とは
日立の川村隆元会長は「言志四録」を実践した
パンデミックから人生まで8つのテーマで紹介
いずみ幼稚園が「石井式国語教育」を導入する訳
鉄則はいきなり「分厚い本」を手に取らないこと
オルテガの言う「最悪の大衆」は私たちのことだ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内