任天堂とDeNA、二人三脚で何を狙う?

スマホゲーム資本業務提携会見の詳報

岩田:新しいゲーム専用機「NX」は、今回の提携と直接の関係はない。だが、われわれはこれからもゲーム専用機のビジネスをやっていく情熱と展望を持っている。そのことを理解してもらうために、NXの開発を公表した。

どうやって任天堂IPを知ってもらうか、提携によって方法がハッキリした。スマートデバイスで関係ができた客に、作り込まれた没入感のある世界に浸ってもらえるゲームの開発を、これからもコアビジネスとしてやっていく。

――ゲーム人口の拡大のための手段?

岩田:まったくその通り。そのためのスマートデバイス展開、そのための未来のゲーム機。任天堂IPに触れる人が増えるほど、最終的に生涯、任天堂のゲームにかかわる人が増えるはずだ。

複数のデバイスに懸け橋をかける

守安社長は任天堂との共同歩調を強調した(撮影:今井康一)

――ユーザーのデータベースはどちらが持つ?

岩田:メンバーズサービスに関しては、運営は任天堂なので、データも任天堂が持つ。一方、共同運営するスマートデバイスについては、DeNAもアクセスできるようになる。ただし、その目的が共同の利益になるかということで判断する。任天堂が客との関係上、問題になることがないように配慮する。

守安:ゲームを共同で運営していくので、違うビジネスに展開するのは任天堂と客の理解を得たうえでやる。許可なく違うビジネスに展開することはない。

――会員制サービスについて、どういったサービスを考えているのか。課金モデルはどう構築するのか。

岩田:今日の時点でお話しできるのは、複数のデバイスの間で懸け橋をかける、つまり、別のデバイスでも活用できるといった場合に用いるということ。具体的には、全体像を整えてから説明する。

――収益の目標は?これまでスマホ向けにゲームを出すことは任天堂の価値を損なうと言っていたが、何があって方針を転換したのか。

岩田:売り上げ、利益について話すことはない。今期の決算発表の際に、来期の収益見通しの中でベストな見解を説明する。

ゲーム専用機向けに育ててきたIPをスマートデバイスに展開する点で、こうすればウィンウィンにできるという答えがハッキリした。そのうえで、1社でやるのではなく、パートナーを得ることで、われわれが得意でないことに人員を投入して、ゲーム専用機の開発がおろそかになることがないよう、両方のためにプラスになる答えが見つかった。

次ページ任天堂はなぜDeNAを選んだのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT