なぜゲーム機だけが“日本発”で成功したのか

日本は本当にプラットフォーム作りが苦手?

この記事は小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2014年11月28日 Vol.012の冒頭です(写真:AP / アフロ)。

11月22日は、セガサターン発売から20周年だったそうだ。そして、12月3日は、PlayStation発売から20周年である。先日もソニー・コンピュータエンタテインメントがPlayStation20周年を記念する動画を公開し、SNS上でも話題となっていた(参考:「プレイステーション」発売20周年特別映像『みんなのゲーム愛にありがとう。』篇)。

もう20年か、自分が歳をとるはずだ……とは思う。当時はPC関連記事を書くライターとして仕事をはじめたばかりの頃で、会見などには「なんとなく面白そうだから潜り込んでみた」程度だった。

本当にプラットフォーム作りが苦手なのか

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

ゲーム産業をまず大きくしたのは任天堂だが、その後、様々なメーカーが切磋琢磨することで、産業として成長していった。その中で、メディアが本格的に光ディスクに移行したこと、映像を作るための手法がリアルタイム3D CGになり、音がストリームに変わっていったことは、大きな転機だった。その起点はやはり20年前であり、あの頃は特別な時期だったのだろう。

今の産業と比較して感じるのは、日本国内に「オリジナルアーキテクチャのプラットフォームを作り、世界を相手に大きなビジネスを成し遂げよう」としている会社が、しかも何社も存在した、ということである。

「日本人はプラットフォームを作るのが苦手だ」といわれることが多いが、筆者はそう思っていない。ゲーム機では、きちんと成功できたではないか。それも、現在進行形だ。限界論もあるが、時代に応じた変化と共に、プラットフォームと産業を維持しようと努力しているのは間違いない。

次ページ「日本だけ」で出来上がっていないといけない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。