任天堂とDeNA、二人三脚で何を狙う?

スマホゲーム資本業務提携会見の詳報

――射幸心をあおっているという指摘もある「ガチャ」について、どう考えるのか。

岩田:任天堂のIP(知的財産)を活用する場合、両社合意のうえでやっていく。アイテム課金のすべてを否定するつもりはない。ただ、世の中でこれはビジネスとして行き過ぎではないか、といわれている方法について、任天堂のIPが使われるのは望んでいない。

単独でやるより魅力的な提案ができる

記者会見には多くの報道陣が詰めかけた(撮影:今井康一)

――1社ではできないという危機感があったのか。両社のすみ分けは?

岩田:よくいろんなメディアに「任天堂が追い込まれている」と書かれるが、そう思っていない。世の中の変化に対応しなければ、どんな企業も衰退していくという当然の危機感は持っている。

むしろ、守安さんと話を重ねる中で、自分たちが知らないことをご存じで、そのことについて、「黒子になってでも一緒に事業することを考えたい」と言ってもらったことや、単独でやるよりスピードも体験も魅力的なものが提案できるとなればチャンス。いろいろな誘いをもらったが、積極的にDeNAを選択した。

守安:スマートデバイスのアプリゲーム市場は、われわれにとってど真ん中の事業。ヒットタイトルも出せたし、手応えもある。主力事業を大きく成長させるときに最も有力なのが、任天堂のIPを活用することと考えた。

これまでもさまざまな会社とIPを活用したゲームを作ってきている。利用者の注目をひきやすいので、IPに力を入れていく。自社IPも作りたいので並行して進めていく。共同でやるものもあれば、自社独自でやっていくものもある。

――任天堂のIPは今後、DeNAが独占的に提供していくのか。任天堂のビジネスモデルは大きく変わっていくのか。

岩田:提携を発表したので、最初に出すタイトルをほかの会社とやることは考えていない。一方で、この提携が100%、お互いの思うとおりに行くのは誰も保証できない。未来永劫、独占的というのはないが、共同運営するものに注力する。

ビジネスモデルという意味では、専用機は売り切り型で、スマートデバイスはここから先は課金という形。スマートデバイスの客に受け入れてもらえて、たくさんの客に遊んでもらえるようになって、初めてスマートデバイスに展開する意味がある。

たくさんの客に受け入れてもらいたい一方で、これだとうまくいくという定石だけでは面白くない。改良できないか、こういうビジネスの構造はないのか、いろいろトライしていく。新しいビジネスモデルの発明ができれば最高だ。

次ページ任天堂は何を守り、何を変える?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT